「東京ビジネスデザインアワード」2020年度のテーマが発表。デザイン提案の締切は11月3日まで

[PR]
東京ビジネスデザインアワード東京ビジネスデザインアワード

企業とデザイナーのマッチングを目指す、企業参加型のデザイン・事業提案コンペティション「東京ビジネスデザインアワード」の募集テーマ全9件が発表され、デザイナーからの提案応募受付が開始された。募集期間は、9月8日から11月3日まで。

2012年からはじまり、今年で9回目を迎える同コンペティション。ものづくり産業の課題に対して、製品そのもののデザインだけでなく、売り方やサービス、コミュニケーションを含めて「ビジネスモデル」としてのデザイン提案を募集している。

これまでにマッチングした企業とデザイナーによる提案実現事例は18件を数え、近年では2016年度優秀賞のウェアラブルメモ「wemo」が、発売から2年で40万本以上を販売するヒット商品になるなど実績を重ねている。現在も複数のプロジェクトが実現化を目指して進行している。

第9回目となる今年度のテーマ全9件は以下の通り。

【テーマ】
1. 機能性と高強度を兼ね備えた「フッ素樹脂ファブリック」/中興化成工業株式会社
2. 環境にやさしい素材に特化した「パッケージ印刷加工技術」/株式会社一九堂印刷所
3. 貼ってはがせて自由に切れる「樹脂製畳表素材」/ダイヤロン株式会社
4. 多様な風合いを表現する高度な「特殊塗装技術」/有限会社大成塗装電機製作所
5. 精密な柄合わせと職人芸が光る「革製品製造技術」/有限会社東屋
6. 42億色を鮮やかに表現する「オンデマンド印刷技術」/株式会社千葉印刷
7. 環境負荷を軽減したプラスチック材による「射出成形技術」/株式会社ミヨシ
8. 確かな課題解決力で培われた「シール・ラベル印刷加工技術」/株式会社日本ラベル
9. オーダー意匠器具製作で培った「アクリル樹脂の精密切削加工技術」/株式会社島田電機製作所

なお、9月18日には公式サイトにて、応募を検討しているデザイナーを対象とした応募方法の説明やFAQ集、今回発表した9社による各テーマのプレゼンテーション動画といったデザイン提案応募説明資料を公開予定。また、各テーマ企業へのインタビュー記事や実際の生産現場の様子を紹介する動画は、9月中旬から順次公式サイトにて公開される。

【2019年度 東京ビジネスデザインアワード】
デザイン提案募集期間:2020年9月8日(火)〜11月3日(火・祝)
応募資格:中小企業との協業に意欲のある国内在住の個人またはグループ
応募費用:無料(ただし提案の制作に伴う実費などは応募者負担)
賞・賞金:最優秀賞(1点)賞金50万円、優秀賞(2点)賞金各10万円、テーマ賞(1テーマにつき1点)
※2020年度の実施内容・日程等は、今後の社会情勢により変更になる場合があります
http://www.tokyo-design.ne.jp/award.html