ピカソのセラミック作品を堪能、「ヨックモックミュージアム」が10月25日にオープン

ピカソのセラミック作品を堪能、「ヨックモックミュージアム」が10月25日にオープン

洋菓子ブランドの展開するヨックモックグループが収集してきたピカソのセラミック作品が展示される「ヨックモックミュージアム」が、南青山6丁目にオープンする。オープンは、ピカソの誕生日に合わせた10月25日。

ヨックモックの創業者である藤縄則一の「菓子は創造するもの」という想いを受け継ぎ、同グループが30年以上かけて収集した500点以上の作品を展示する同美術館。数多くのピカソのセラミック作品が包括されたコレクションを有し、オープン記念企画展ではピカソ研究者による最先端の研究が紹介される。

また、アートセラピーを応用したアートセッションや、企画展示に合わせた学芸員の解説、若手アーティストや研究者などによるトークセッション、若手パティシエとのコラボレーションレクチャーなどのイベントも開催予定。併設のカフェだけの利用も可能だ。

家型の同美術館の建築・展示デザインを担当したのは、栗田祥弘建築都市研究所。屋根はピカソがセラミック制作をしていたコートダジュールの瓦、床や壁は陶芸窯で使われている耐熱レンガをイメージしている。また、ロゴデザインとサイン計画は廣村デザイン事務所が担当。サインシステムの素材にもセラミックが使われている。

https://www.yokumokumuseum.com/