豊田啓介×高橋寿太郎×西澤明洋が「アフターコロナとデザイン」テーマに鼎談。第4回「みんなでクリエイティブナイト」

豊田啓介×高橋寿太郎×西澤明洋が「アフターコロナとデザイン」テーマに鼎談。第4回「みんなでクリエイティブナイト」

エイトブランディングデザインとJDNによる、デザインの役割や価値を“みんな”で考えるトークイベント「みんなでクリエイティブナイト」。第4回は「アフターコロナとデザイン」をテーマに、初のオンライン配信にて6月26日に開催します。

今回は、noiz /gluonのパートナーである建築家の豊田啓介さんと、創造系不動産代表を務める高橋寿太郎さんをゲストにお迎えし、ファシリテーターをブランディングデザイナーの⻄澤明洋さん(エイトブランディングデザイン)が務めます。

2007年に建築デザイン事務所noizを共同主宰された豊田さんは、コンピューテーショナルデザインを積極的に導入した建築・デザインを実践されてきました。2017年には「建築・都市×テック×ビジネス」をテーマに、新しい価値を生み出すビジネス・デザインの領域横断型プラットフォーム「gluon」を共同設立。昨年11月から今年3月にかけて森美術館で開催された「未来と芸術展」では、2025年の大阪・関西万博誘致活動のための会場計画案が展示されるなど、さまざまな領域で活動されています。

高橋さんは、建築設計事務所から不動産業界へと転身し、建築家とのコラボレーションに特化した創造系不動産株式会社を設立。「建築と不動産のあいだを追究する」を経営理念に、建築・デザインのバックグラウンドを生かした不動産コンサルティングに取り組まれています。2019年からは、外房のいすみ市で「いすみラーニングセンター」を展開し、ゲストを招いたビジネススクールを開催されています。

当初、第4回は「新しい建築とデザイン」をテーマに開催する予定でしたが、新型コロナウィルス感染拡大による緊急事態宣言の発令など、社会全体が大きな変化の只中にいる今、これからの“新しい”を考えていくためにも「アフターコロナとデザイン」というテーマを改めて設定しました。

「三密」を避けるための外出自粛によって、多くの人が自宅で過ごすようになった2020年。人々が集い、時間を過ごすための場所をつくる建築は、今後どのように変化していくのでしょうか?そして、今後デザインに求められるものとは?3人の登壇者によるトークセッションを通して、本テーマについて“みんな”で考えていこうと思います。

今回、当イベント初の試みとして、トークセッションをオンラインで配信します。参加費は無料です。

また、事前に登壇者への質問を募集するアンケートを実施しています。トークセッションにてトピックとして取り上げさせていただきますので、ぜひ質問をお送りください!

ご回答はこちら:https://forms.gle/7PxGZvKtEyFUh1QW7

■開催概要
第4回テーマ:「アフターコロナとデザイン」
開催日時:6月26日(金)19:00~20:30
会場:YouTube Liveにてオンラインでの開催
参加費:無料
申込:リンク先より詳細をご確認ください
https://www.8brandingdesign.com/event/contents/creative-night/minnna04/