吉岡徳仁デザインによる、桜をモチーフとした『東京 2020 オリンピック聖火リレートーチ』発表

© Tokyo 2020© Tokyo 2020

吉岡徳仁デザインによる、『東京 2020 オリンピック聖火リレートーチ』のトーチが発表された。

日本人に最もなじみ深い花である桜をモチーフとした、継ぎ目のないひとつなぎのトーチは、新幹線の製造にも使われている製造技術(アルミ押出成形)を用いて形づくられている。復興への想いと持続可能性への配慮されており、素材の一部には、東日本大震災の復興仮設住宅のアルミ建築廃材を再利用している。

また、『東京 2020 オリンピック聖火リレートーチ』は、聖火の形もデザインしている。花びらから生み出された5つの炎は、聖火リレートーチの中央でひとつとなり、より大きな輝きで「希望の道」を照らす。聖火を灯す燃焼部には、聖火を保ち続けるために、火力の強い青い炎と、火のない燃焼(触媒燃焼)の2つの燃焼が、聖火の赤い炎を支える仕組みが採用されている。

吉岡徳仁は3月20日に行われた記者発表会で、「ぜひトーチのデザインしたいと思っていたので、応募がはじまる前からデザインしていた。すべてにおいて世界初のものをつくることを目指した」と語っている。

https://tokyo2020.org/jp/special/torch/olympic/design/