60万本のベゴニアでつくる1800㎡の巨大な絵画、「ブリュッセル・フラワーカーペット」で日本人が初のデザインを担当

[PR]
ⓒWim VanmaeleⓒWim Vanmaele

ベルギー・ブリュッセルで2年に1度開催される花の祭典、「ブリュッセル・フラワーカーペット」で株式会社乃村工藝社のデザイナー鈴木不二絵がデザインを担当した(展示期間は8月12日~8月15日)。ブリュッセル・フラワーカーペット」中で日本人がデザインを担当するのは初となる。

20回目を迎える今回は、「日本・ベルギー友好150周年」を記念し、日本をイメージしたデザインで75m×24m(約1800㎡)のフラワーカーペットを制作。日本の家紋やおめでたいモチーフを使い「花鳥風月」 のデザインをつくり上げた。完成までかかった時間は約8時間、制作には約100名のボランティアが参加。フラワーカーペットには、60万本のベゴニアを使用している(一部、色の調整のためダリアも使用)。

鈴木不二絵は、博物館・展示施設の設計業務に従事した後、企業イベント・ショールームなどのVIデザイン、グラフィックデザインを担当。近年は「川崎市藤子・F・不二雄ミュージアムに代表される漫画コンテンツに関わる各施設やイベントなどのVIデザインからグラフィックデザイン・広告デザインを手がけている。

https://flowercarpet.prezly.com/20th-flower-carpet-blooms-in-brussels-grand-place