隈研吾氏が店舗デザイン、良質な画材をそろえたラボ「PIGMENT(ピグモン)」が天王洲に7月オープン

隈研吾氏が店舗デザイン、良質な画材をそろえたラボ「PIGMENT(ピグモン)」が天王洲に7月オープン

良質な素材にこだわった商品をセレクトした、伝統画材ラボ「PIGMENT(ピグモン)」が7月27日に天王洲アイルにオープン予定。日本をはじめとするアジアに古来より伝わる希少な画材を扱い、顔料(岩絵具など)だけでも1500色以上がラインナップ。オンラインショップも展開するのでWeb上での購入が可能だ。

このラボは販売のみにとどまらず、画材の研究で博士号を取得したエキスパートが、それぞれの画材の特性から使用方法までアドバイスを行う。美術大学の教授や画材メーカーによるワークショップ随時も開催し、趣味で創作をする人からプロのアーティストにまで、幅広いユーザーに知識を提供していく。

店舗デザインは建築家・隈研吾氏。竹の簾をイメージした有機曲面で構成した現代的なデザイン。広さ200㎡のゆったりとした店内の天井にあしらわれた優雅な曲線を描く竹の姿は、静かな佇まいながら圧倒的な存在感のある仕上がりに。

http://pigment.tokyo/coming/