哲学するトタン – 吉雄介彫刻展

第765回 デザインギャラリー1953企画展

哲学するトタン – 吉雄介彫刻展

※新型コロナウイルス感染拡大防止にともない、臨時休業、営業時間の短縮があります。詳細はWebサイト参照。

この度、日本デザインコミッティーでは、第765回デザインギャラリー1953企画展として、メンバーでキュレーターの新見隆が監修する「哲学するトタン – 吉雄介彫刻展」を開催の運びとなりました。

吉雄介氏は、トタン板を素材に大小さまざまな立体作品を制作する彫刻家です。吉氏は、これまで多数の展覧会を開催されてきましたが、その都度、「TOTOWN(トタンとタウンの造語)」や「一体全体」など、言葉をユーモラスに使ったテーマを掲げ、作品制作に向かってきました。

デザインギャラリー1953では、作品の一部として作られた大きな船を展示什器として、そこに散りばめられた、可愛らしくユーモラスなトタン彫刻を約30点ご紹介します。また、アクセサリーのように着られる彫刻「身二スカルプチャー」を展示販売いたします。

《本文は公式サイト紹介文より抜粋》

開催期間 2020/03/25(水)~2020/05/04(月)
時間 10:00~20:00(最終日は17:00まで)
休館日 詳細は公式ホームページをご覧ください
入場料 無料
参加アーティスト 吉雄介
会場
  • デザインギャラリー1953
  • 東京都中央区銀座3-6-1 松屋銀座 7F
会場URL http://designcommittee.jp/gallery/
詳細URL http://designcommittee.jp/2020/03/20200325.html