TAKAHIRO YASUDA EXHIBITION “The end of watch”

TAKAHIRO YASUDA Courtesy of VOILLDTAKAHIRO YASUDA Courtesy of VOILLD

本展は2015年に開催された「share_me」に続く2度目の新作個展となる。

グラフィックデザイナー、ムービーディレクターの顔を持ち、幅広い分野で作品制作を行う安田昂弘。そのエッジーな表現は音楽アーティストへの作品提供をはじめ、広告やプロダクトのデザインも手掛けるなど多岐に渡り活躍の場を広げている。

安田昂弘は、コンピューターという一つのメディアを駆使しながら、都度異なったアプローチで制作を行う。研ぎ澄まされているようで遊び心のあるデザインや、シンプルで単調に見えて、複雑に組み重なった線や面は、彼の思考とコンピューターグラフィック(CG)としての美しさが反映され構図化されているのである。まるでキャンバスに絵の具を重ねていくような作業を、CGという枠の中で物質的にいかに表現するかということに挑戦し続け、その在り方を私達に問いかけているようにさえ感じさせる。

近年、安田昂弘は「見る」ということに着目し疑問を抱くようになった。目で見て頭で無意識に判断をするという、眠っている時以外、誰しもが生まれてから当たり前にやっている単純なことが、時に難しく感じてしまう時があることに疑問を抱いた。日々何気なく見てきた世界は人格形成につながり、人と関わるにつれて、その世界は協調性や文脈の理解を求めるようになる。そして何を選ぶにも自分が試されているような感覚に陥り、単純に好きなものを好きと言えないような、見ているものに見られているような世界があることに気付いたのである。

本展では、「見る/見られる」ということへの興味や影響をテーマに作品が制作された。グラフィックをベースにした平面作品、約20点を展示予定である。

【関連イベント】
●オープニングレセプション
日時:11月11日(金) 19:00~22:00

開催期間 2016/11/11(金)~2016/12/01(木)
※イベント会期は終了しました
時間 12:00~20:00(土・日は18:00まで)
休館日 月曜日・祝日
入場料 無料
参加アーティスト 安田昂弘
会場
  • VOILLD
  • 東京都目黒区青葉台3-18-10 カーサ青葉台B1F
会場電話番号 03-6416-3972
会場URL http://www.voilld.com/
詳細URL http://www.voilld.com/post/152419530584/th2016