王立宇宙軍 オネアミスの翼展

SFアニメができるまで

制作過程の素材資料:イメージイラスト(シロツグとリイクニが最初に出会った街) ©BANDAI VISUAL / GAINAX制作過程の素材資料:イメージイラスト(シロツグとリイクニが最初に出会った街) ©BANDAI VISUAL / GAINAX

『王立宇宙軍 オネアミスの翼』は、1987年にSFアニメ映画として劇場公開され、その独創性とリアルに描かれた作品世界は今日にいたるまで、映像の分野で高い評価を得ている。当時24歳だった山賀博之監督をはじめ、無名だった若きクリエイターたちが劇場向けアニメ映画に初挑戦したことも異例だったが、これまでのアニメ映画とは一線を画すその緻密な設定や映像美は、当時のアニメ業界に驚きをもって受け止められた。

同作はスタッフたちと等身大の青春群像劇を描きつつ、その異世界の設定は美術、デザイン、建築、政治、思想、文学、言語、宗教、風俗、食物など多岐にわたり、その詳細な設定がSFでありながら作品にリアルな実感をもたらした。加えて、特に注目したいのが完成映像に使われた設定よりも、実際には使われることのなかった制作過程の素材資料が作品の背後に膨大な数として横たわり、この世界を形づくっていたことである。それらのつくり手の多くは、工業デザイン、建築、美術を学ぶ学生やまだ無名のアニメーターたちだったが、山賀監督は作品にリアルな実感を創出するためには多種多様なセンスが必要と考え、彼らの個性が見えてきたところで得意な分野の素材資料を山ほどつくらせる。

しかし、監督はそれらの素材資料を作品中の世界を統一する目的でつくらせたわけではなく、むしろ個々の才能が生かされたアイデアやデザインなどを集め、そこから作品をひとつの世界へと徐々に構築していったのだ。このような部分から全体をつくる方法は同作特有の手法といえるだろう。

本展では、おもにこれらの制作過程の素材資料が国内で初めて紹介される。なかでも山賀監督の制作メモは、監督として同作をどのように構築していったかが赤裸々にわかる興味深い内容である。数多くの素材資料を通じ、映像の中で現れるリアルさとはまた違った同作独特のSFアニメのつくり方をリアルに感じることができるだろう。

開催期間 2018/09/14(金)~2018/11/11(日)
時間 10:00~19:00(入館は閉館30分前まで)
休館日 月曜日(ただし、祝日・振替休日の場合は開館し翌平日休館)
入場料 一般600円/学生(小学生以上)・65歳以上300円/未就学児は無料
参加アーティスト 山賀博之、ガイナックス
会場
  • 八王子市夢美術館
  • 東京都八王子市八日町8-1 ビュータワー八王子 2F
会場電話番号 042-621-6777
会場URL http://www.yumebi.com/