六本木アートナイト 2019

六本木アートナイト2019 メインビジュアル六本木アートナイト2019 メインビジュアル

現代アート、デザイン、音楽、映像、パフォーマンス等の多様な作品を街なかに点在させ、非日常的な体験をつくり出す「六本木アートナイト」は、2009年3月にスタートし、今回で10回目を迎えます。今までに、ヤノベケンジ、草間彌生、日比野克彦、蜷川実花、名和晃平など日本の現代アートを牽引するアーティストが参加し、東京を代表するアートの祭典として、回を重ねるごとに発展し続けています。今回のテーマは「夜の旅、昼の夢」。メインビジュアルは、グラフィックやモーショングラフィックを中心に、多様な領域で活動するgroovisions(グルーヴィジョンズ)がデザインしたものです。

メインプログラム・アーティストは10回目にして初の外国人アーティスト チェ・ジョンファを迎え、華やかでハッピー、夢のような一夜をお届けします。ソウルオリンピック・スタジアムを使用した国家的プロジェクトを成功させるなど、芸術や文化は限られた人々のものではなく見る者だれにでも開かれている、ということを一貫して訴え続けているチェ・ジョンファによるカラフルな世界にご期待ください。ほかにも、六本木アートナイトでは、六本木エリアを横断的に展開するインスタレーションやパフォーマンスなどを多数展開します。

《本文はプレスリリース紹介文より抜粋》

開催期間 2019/05/25(土)~2019/05/26(日)
時間 5/25 10:00~5/26 18:00
休館日 会期中無休
入場料 無料(ただし、一部のプログラムおよび美術館企画は有料)
参加アーティスト チェ・ジョンファ 他
会場
  • 六本木ヒルズ、森美術館、東京ミッドタウン、サントリー美術館、21_21 DESIGN SIGHT、国立新美術館 他
詳細URL http://www.roppongiartnight.com/2019/