クマのプーさん展

クマのプーさん展

食いしん坊でおっちょこちょい、いまでは誰もが知る世界一有名なクマ「プーさん」は、1926年にイギリスで生まれた。物語を書いたA.A.ミルンと、イラストを描いたE.H.シェパード。ふたりの共作によって生まれた機知とユーモアあふれる世界は、いまも世界中の人々を魅了し続けている。

イギリスのヴィクトリア・アンド・アルバート博物館(V&A)が世界最大規模で所蔵する、シェパードが鉛筆で描いたプーさんの原画が2019年に日本にやってくる。「クマのプーさん」がどのように生まれ、愛されてきたのか。魔法の森の物語をひもといていこう。

開催期間 2019/02/09(土)~2019/04/14(日)
時間 10:00~18:00(金・土は21:00まで/いずれも入館は閉館時間の30分前まで)
休館日 2019/2/19、3/12
入場料 一般1,500円/大学・高校生900円/中学・小学生600円
会場
  • Bunkamura ザ・ミュージアム
  • 東京都渋谷区道玄坂2-24-1
会場URL http://www.bunkamura.co.jp/museum/
詳細URL https://wp2019.jp/