大山エンリコイサム個展「ファウンド・オブジェクト Found Object」

Enrico Isamu Oyama, FFIGURATI #183, 2017 Carving and mechanical pencil on a framed print purchased in New York (H) 33.9cm x (W)26.3cm © Enrico Isamu Ōyama Photo © Suguru IkedaEnrico Isamu Oyama, FFIGURATI #183, 2017
Carving and mechanical pencil on a framed print purchased in New York (H) 33.9cm x (W)26.3cm
© Enrico Isamu Ōyama Photo © Suguru Ikeda

ニューヨークを拠点に国内外で精力的に活動する美術家、大山エンリコイサムの個展「ファウンド・オブジェクト Found Object」が、コートヤードHIROOで開催される。

大山エンリコイサムが本展のために制作した、「ファウンド・オブジェクト」シリーズの新作15点が発表される。「ファウンド・オブジェクト」は、拠点のニューヨークをはじめ、大山が世界各地を旅する際に訪れた古道具屋で、目が合い、惹かれて手に取った、額装された匿名のドローイング、写真、プリントなどの上に、大山の作品を構成するモチーフ「クイック・ターン・ストラクチャー(Quick Turn Structure)」を配置したシリーズだ。

「オブジェクトと出会う時点から制作は始まる」と大山が述べるとおり、作品のキャプションにはそれぞれの土地の名前も記される。紙ヤケし、シミのついた作品や、傷んだフレームは、それを制作した顔の見えないつくり手やその場所・時代に、鑑賞者の想像力を誘うだろう。「ファウンド・オブジェクト」シリーズのみで構成される大山の個展は今回が初となる。都会の喧騒を離れた隠れ家のような空間で、静かに思い思いのストーリーを紡ぎ出す。

会場となるコートヤードHIROOは、昭和43年に旧厚生省公務員宿舎として建てられた。リノベーションを経て現代に継承され、ビジネス、スポーツ、食、そしてアートと、活動のジャンルを越えてさまざまな人びとが集まる自由な協業空間だ。同展の関連プログラムとして、施設内の庭にあるウッドデッキにて、大山とCo.山田うん所属のダンサーとのコラボレーションによるパフォーマンスが開催される。また、施設内2階にあるレストラン81では、同展にインスピレーションを受けて構成されたコース料理が提供される。

【関連イベント】
●オープニングパーティ
日時:9月1日(金) 17:00~21:00

開催期間 2017/09/01(金)~2017/09/30(土)
※イベント会期は終了しました
時間 12:00~19:00
休館日 日曜日、祝日
入場料 無料
参加アーティスト 大山エンリコイサム
会場
  • コートヤードHIROO
  • 3F ガロウ
  • 東京都港区西麻布4-21-2
会場電話番号 03-6427-1185
会場URL http://cy-hiroo.jp/