Metamorphosis Garden(変容の庭) 名和晃平

©Kohei Nawa | Sandwich Inc©Kohei Nawa | Sandwich Inc

東京銀座の商業施設・GINZA SIXの施設中央に位置する吹き抜け空間にて、彫刻家・名和晃平によるインスタレーション「Metamorphosis Garden(変容の庭)」が、2022年4月末(予定)まで展示する。

「Metamorphosis Garden(変容の庭)」は、生命と物質、あるいはその境界にある曖昧なものが共存する世界をテーマにしたインスタレーション。瀬戸内海・犬島の《Biota(Fauna/Flora)》(2013)のインスタレーションの発展形として、混沌から生じる新たな物語を表現した。不定形の島々と雫、そこに立ち上がる生命の象徴としての“Ether”と“Trans-Deer”。アルミナとマイクロビーズの粒で覆われた彫刻群が吹き抜け空間に浮かぶ。そこに、振付家ダミアン・ジャレとの共作によるARのパフォーマンスが展開し、絶えず変容する世界がリアルな物体とARのイメージとして重なり合う。

《本文は公式サイト紹介文より抜粋/一部編集》

開催期間 2021/04/12(月)~2022/04/30(土)
時間 10:30~20:30(予定)
休館日 不定休
入場料 無料
参加アーティスト 名和晃平
会場
  • GINZA SIX
  • 2F 吹き抜け
  • 東京都中央区銀座 6-10-1
会場URL https://ginza6.tokyo/
詳細URL https://ginza6.tokyo/news/94805