北斎のなりわい大図鑑

北斎のなりわい大図鑑

本展では、北斎の新発見の肉筆画「蛤売り図(はまぐりうりず)」をはじめとした、北斎一門による江戸時代の生業(なりわい)が描き出された作品を展示します。

なりわいとは一般的に、生活をするための仕事を意味します。生活にむすびついている仕事はその社会のありかたを映します。江戸時代には、現在ではなじみのなくなってしまった職業がある一方、現代の商売のルーツになる生業も存在します。北斎の作品には、江戸時代の様々な働く人々が描かれています。仕事に注目して制作された作品もあれば、景色の中に登場することもあります。働く人々に向けられた北斎のまなざしを通して、江戸の生業をご紹介します。

《本文は公式サイト紹介文より抜粋》

開催期間 2019/04/23(火)~2019/06/09(日)
時間 9:30~17:30(最終入館は閉館の30分前まで)
休館日 5/7、5/13、5/20、5/27、6/3
入場料 一般1,000円/大学生・高校生・ 65歳以上700円/中学生・障がい者300円/小学生以下無料
参加アーティスト 葛飾北斎
会場
  • すみだ北斎美術館
  • 東京都墨田区亀沢2-7-2
お問い合わせ 03-6658-8936
会場URL http://hokusai-museum.jp/
詳細URL http://hokusai-museum.jp/nariwai/