やなぎみわ展 神話機械

やなぎみわ《女神と男神が桃の木の下で別れる:川中島》(部分) 2016年 作家蔵やなぎみわ《女神と男神が桃の木の下で別れる:川中島》(部分) 2016年 作家蔵

1990年代から現在に至るまで、現代美術のみならず演劇界でも忘れられないアートシーンを創出してきた美術家やなぎみわ(1967~)。《エレベーター・ガール》で最初に注目を浴び、《マイ・グランドマザーズ》や《フェアリー・テール》といった一連の写真作品で世界的に評価を受け、2009年には第53回ヴェネチア・ビエンナーレ日本館代表となる一方、翌2010年には本格的に演劇プロジェクトを始めます。大正期の日本を舞台に、新興芸術運動の揺籃を描いた「1924」三部作で話題を集めるほか、台湾で製造したステージ・トレーラーを母体に2016年から日本各地を巡礼する野外劇は大きな感動を与えました。その舞台作品と並行し、日本神話をモチーフに、福島県内の果樹園で桃を撮影した新作シリーズを制作しており、今回、これらをまとめて、日本で初めて発表します。

また本展に向け、京都、高松、前橋、福島の大学等と連携した「モバイル・シアター・プロジェクト」が立ち上がり、マシンによる神話世界も展覧会場に生み出されます。 美術と舞台の両極を往還することで生まれるやなぎ作品は、スペクタクル性とドキュメンタリー性が交錯し、虚実を幾重にも越境していくものです。待望された約10年ぶりの本個展では、これまで以上にやなぎみわの汲み尽くせぬ創造の泉に迫ります。

《本文は公式サイト紹介文より抜粋》

【関連イベント】
●学芸員によるフロアレクチャー
日時:2020年1月19日(日)、2月9日(日) 各日13:30~14:00
場所:静岡県立美術館 企画展示室
対象:幼児、小学生、中学生、高校生、一般
※申込み不要(ただし、本展観覧券が必要)

●ワークショップ
「機械と朗読」
日時:2020年1月12日(日) 10:00~16:00
場所:静岡県立美術館 実技室/企画展示室
対象:中学生、高校生、一般
定員:12名
参加費:要観覧料
持ち物:昼食、リーディング資料(ワークショップまでに配布)
※要申込み

●やなぎみわアーティスト・トーク
日時:2020年1月13日(月) 14:00~15:30
場所:静岡県立美術館 講堂
対象:幼児、小学生、中学生、高校生、一般
講師:やなぎみわ(美術家)
定員:先着250名
※申込み不要

●美術講座
「やなぎみわとは誰か?」
日時:2020年1月26日(日) 14:00~15:30
場所:静岡県立美術館 講堂
対象:幼児、小学生、中学生、高校生、一般
講師:木下直之(静岡県立美術館 館長)、やなぎみわ(美術家)
定員:先着250名
※申込み不要

開催期間 2019/12/10(火)~2020/02/24(月)
時間 10:00~17:30(入室は閉館30分前まで)
休館日 月曜日(ただし、2020/1/13、2/24は開館)、12/29~2020/1/1、1/14
入場料 一般1,200円/70歳以上600円/大学生以下無料
参加アーティスト やなぎみわ
会場
  • 静岡県立美術館
  • 静岡県静岡市駿河区谷田53-2
会場電話番号 054-263-5755
会場URL http://www.spmoa.shizuoka.shizuoka.jp/
詳細URL http://spmoa.shizuoka.shizuoka.jp/exhibition/detail/57