富山県美術館開館記念展 Part 2 素材と対話するアートとデザイン

Art and Design, dialogue with materials

「素材と対話するアートとデザイン Art and Design, dialogue with materials」 ポスター (デザイン : 佐藤卓)「素材と対話するアートとデザイン Art and Design, dialogue with materials」ポスター (デザイン : 佐藤卓)

アーティストは創作の過程において、目指す表現や技術を発揮できるよう素材を選んできた。また、デザインのプロセスにおいても素材の選択は重要な要素であり、素材の選択には耐久性、適応性、コストが問われ、素材と加工技術の組み合わせで新しい価値が生まれる。モノを創作することにおいて、素材と向き合い対話することは不可欠なものだ。

本展では、木や金属から新素材まで、素材とその変容をテーマとした4つのセクションを通して、素材の魅力と素材に触発されて生まれるアートとデザインが紹介される。アルミ、木材、ガラスなど、素材の魅力を生かした建築である富山県美術館で、素材との対話を通じたアートとデザインとの出会いを創出する。

【関連イベント】
●教育普及プログラム
場所:3F アトリエ(ラボ)
参加費:無料

オープンラボ 3:土・日・祝のプログラム
日時:11月11日(土)~2018年1月8日(月・祝) 土・日・祝の10:00~16:00
定員:10家族程度(会場の混雑状況により変動)

オープンラボ 3:平日のプログラム
日時:11月16日(木)~2018年1月16日(火) 平日の10:00~16:00
定員:15名程度

●トークセミナー

開館記念展 Part 2 関連イベント
「吉泉聡さんと秋山かおりさんとのデザイントーク」
日時:12月2日(土) 18:30~19:30
場所:日本橋とやま館 交流スペース
参加費:無料
定員:30名
※要申込み

TADアート・レクチャー
「MIYAKE ISSEY展のはなし-新しい服づくりへの挑戦」
日時:12月16日(土) 14:00~(約90分/13:30開場)
場所:3F ホール
参加費:無料
※事前申込み不要

開催期間 2017/11/16(木)~2018/01/08(月)
※イベント会期は終了しました
時間 9:30~18:00(入館は閉館30分前まで)
休館日 水曜日(祝日を除く)、祝日の翌日(11/24、12/24は臨時開館)、12/29~2018/1/3
入場料 一般1,300円/大学生950円/高校生以下無料
会場
  • 富山県美術館
  • 2F 展示室3、4
  • 富山県富山市木場町3-20
会場電話番号 076-431-2711
会場URL http://tad-toyama.jp/
詳細URL http://tad-toyama.jp/exhibition-event/2975