Open Storage 2018-思考する収蔵庫-

MASK(MEGA ART STORAGE KITAKAGAYA)

撮影:守屋友樹撮影:守屋友樹

約1,000m2の鋼材加工工場・倉庫跡を大型アート作品の収蔵庫として活用するプロジェクト、「MASK(MEGA ART STORAGE KITAKAGAYA)」で保管されている現代アート作品が一般公開されるイベント「Open Storage 2018-思考する収蔵庫-」が開催される。

2018年はMASK開館5周年を記念し、一般公開に加え、元倉庫や元校舎などが現代アートへ転用されることによって生じる地域内外への影響や、社会的意義を検証するシンポジウムも開催される。民間主導でダイナミックなアート活動を展開している施設の代表者が一堂に会し、活動の意義と可能性について共に考える機会となる。「見せる収蔵庫」としてスタートし、滞在制作や稽古も可能な「創造する収蔵庫」へと機能を拡張してきたMASKは、今後「思考する収蔵庫」へと拡張していく。

開催期間 2018/10/06(土)~2018/10/08(月)
※イベント会期は終了しました
時間 12:00~18:00
休館日 会期中無休(ただし10/8はイベント開催のため、鑑賞エリアが一部制限)
入場料 無料
参加アーティスト 宇治野宗輝、久保田弘成、金氏徹平、名和晃平、やなぎみわ、ヤノベケンジ
会場
  • MASK(MEGA ART STORAGE KITAKAGAYA)
  • 大阪府大阪市住之江区北加賀屋5-4-48
詳細URL http://www.chishimatochi.info/found/mask/