マライン・ヴァン・クライ個展「Nude in the Studio」

©︎2018 Marijn van Kreij All Right Reserved©︎2018 Marijn van Kreij All Right Reserved

オランダ・アムステルダム在住の作家、マライン・ヴァン・クライの個展「Nude in the Studio」が、東京・恵比寿のPOSTで開催される。

マラインはドローイング、ペインティング、コラージュ、映像作品などさまざまな方法で作品を発表している。過去にはアムステルダム、ベルリン、ハーレム、ロンドン、チューリッヒなどさまざまな都市での展示経験があり、2013年には「ダッチ・ロイヤル・アワード」、2016年には「ABN AMRO アートアワード」を受賞するなど注目を集めているアーティストだ。本展では、ピカソが描いたスタジオ風景に対するオマージュのドローイング作品とその作品集が発表される。

ピカソは1955年、自身のスタジオをカンヌにある20世紀前半に建てられたヴィラへと移す。そのスタジオには、アールヌーヴォー様式の大きい窓があり、庭のサボテンやユーカリ、ヤシの木を望むことができたと言う。ピカソはその窓からの景色を「インテリアランドスケープ」と呼び、作品に多数残している。

マラインはピカソの後期の作品集を多く収集しており、そこで目にしたのがその「インテリアランドスケープ」だ。彼は反復と変化を通して“描く”という行為自体に着目しているアーティストのため、画集のなかで1枚気になる絵に出会うと、それを何枚も書き続ける。反復と少しずつの変化が生じた作品が一堂に並ぶと、一つのかたまりのように見えてくる。描くということを運動としてとらえているマラインの作品は、ギャラリーの壁に掛けられても生き生きとその空間に変化をもたらす。

本展は6月から9月にかけてオランダで行われた展示と同じシリーズだが、展示空間と作品、またそこに訪れる人によってお互いを変化させると考えているマラインは、東京という町での展示によって引き起こる相互作用をマライン自身が楽しみにしている。

開催期間 2018/10/26(金)~2018/11/11(日)
※イベント会期は終了しました
時間 12:00~20:00
休館日 月曜日
入場料 無料
参加アーティスト マライン・ヴァン・クライ
会場
  • POST
  • 東京都渋谷区恵比寿南2-10-3
お問い合わせ 03-3713-8670
会場URL http://post-books.info/
詳細URL http://post-books.info/news/