川田 喜久治「影のなかの陰」

Kikuji Kawada, courtesy of PGI©Kikuji Kawada, courtesy of PGI

川田喜久治は、1956年の『週刊新潮』創刊からグラビア撮影を担当し、その後フリーランスとして60年以上写真を撮り続けています。敗戦という歴史の記憶を記号化し、メタファーに満ちた作品「地図」(1965年)や、天体気象現象と地上の出来事を混成した黙示録的な作品「ラスト・コスモロジー」(1996年)、都市に現れる現象をテーマにした「Last Things」(2016年)など、常に意欲的な作品を今なお発表し続けており、日本のみならず世界でも高い評価を受ける日本を代表する写真家の一人です。

川田喜久治はこの2年、毎日3点ほどの写真をインスタグラムにアップし続けています。それらの写真にコメントが書かれることはほとんどないまま、無言の「いいね」がつけられていくその様を、川田は「魔物」と表しています。インスタグラムをはじめ、ソーシャルメディアでアップされた写真は、タイムラインという特殊な空間に彷徨いますが、川田は日々撮影した写真をアップするとともに、プリントにしてまとめています。

本展では、これらのプリントから約50点を展示いたします。光の反射に映る、歪んだもう一つの世界、水面や都市の中に不意に現れる異次元な「影」。食事や家族、旅行や日常の風景が溢れるタイムラインを何気なくスクロールする私たちの視界に、川田の写真は異質な空気を纏って不意に現れます。しかし、タイムライン上では異質に見えたこれらの写真は、作者の手で「プリントされた写真」となり、驚くほどの輪郭を持った現実を私たちに見せてくれます。

《本文は公式サイト紹介文より抜粋》

開催期間 2019/05/29(水)~2019/07/05(金)
時間 11:00~19:00(土曜日は18:00まで)
休館日 日曜日、祝日
入場料 無料
参加アーティスト 川田喜久治
会場
  • PGI
  • 東京都港区東麻布2-3-4 TKBビル3F
会場電話番号 03-5114-7935
会場URL https://www.pgi.ac/
詳細URL https://www.pgi.ac/exhibitions/4513/