いま、そこにある、住まいの風景

ヴェネチア・ビエンナーレ国際建築展2016帰国展

ヴェネチアでの展示風景ヴェネチアでの展示風景

半年間にわたって開催された、ヴェネチア・ビエンナーレ国際建築展が2016年11月に終了した。本展はその帰国展として、ヴェネチアでの展示が再構成して展示される。

展示されるのは、30代~50代の10組の建築家が設計した10の住宅作品である。それぞれが、茨城の日立や東京、滋賀の彦根、大阪、鹿児島、沖縄の那覇など、全国各地に過去5年のうちに建てられ、すでにある程度住まれている住宅。そのどれもが、敷地や周辺環境をはじめ、建主ごとに異なる生活像、そして建築家の設計思想が強く反映された個性的な作品ばかりである。

同展は、それらが共通するユニークな視点で紹介する試みとなる。1つは、スケールをあわせてつくられた模型による、インスタレーション展示である。1:20、1:100、1:500という解像度の異なる3つのスケールに統一され、垂直に吊られた模型群が、空間や環境、都市を比較するだけでなく、住宅のあり方そのものを問う視点を、来場者に与えてくれる。それらに加えて、今回のために制作された、短辺映像作品が上映される。映像では、動かない物理空間として建築の内部や周辺における人や動植物、自然現象に目線を向けることで、竣工写真にあらわすことのできない暮らしの風景が映し出される。

【関連イベント】
●連続ギャラリートーク
「10の住宅をめぐる時間と言葉」
司会:西尾圭悟(本展キュレーター、映像制作)
会場:展覧会会場内
※毎回60~90分程度を予定
※事前申込不要、参加無料

vol.1
日時:4月13日(木) 16:00~
登壇:森田一弥、光嶋裕介、小引寛也、石川典貴

vol.2 
日時:4月16日(日) 14:00~
登壇:遠藤秀平、可児公一、鈴木亜生、芦澤竜一

vol.3 
日時:4月19日(水) 16:00~
登壇:竹口健太郎、山本麻子、松岡聡、山口陽登

開催期間 2017/04/13(木)~2017/04/19(水)
※イベント会期は終了しました
時間 11:00~18:00
休館日 会期中無休
入場料 無料(展覧会・トークイベントともに)
参加アーティスト 山口陽登+楯列哲也+杉浦良和、松岡聡+田村裕希、森田一弥、可児公一+植美雪 他
会場
  • ASJ UMEDA CELL
  • 大阪府大阪市北区角田町8-1 梅田阪急ビル オフィスタワー24F
会場電話番号 06-7663-0177
会場URL http://www.asj-net.com/pr/
詳細URL http://www.adan.or.jp/news/event/1524