「デザインのひきだし33」刊行記念トークイベント「凝った造本の書籍をつくる工夫と、 それを世に送り出すための熱意と。」

町口覚×津田淳子(デザインのひきだし編集長)

デザインのひきだし33デザインのひきだし33

造本を一般的な本の形から変えようとすると、さまざまな手間、いろいろな説得、数々のテストなど、こなしていかなければならないことが多々ある。

デザイナーで出版者でもある、町口覚が手がけた『Sakiko Nomura: Ango』は、「ツイスト ハードカバー ブックバインディング」と名付けられた、本文ページが螺旋状にねじれているという造本の書籍だ。いったいなぜこのような形の本をつくろうとしたのだろうか。そしてどうやってこのような製本を実現させたのだろうか。

そのような凝った造本はどのように考えるのか、それを実現するためにどう動けばいいのか。そして流通にのった時に何か問題は起こらなかったのだろうかなど、造本の工夫とそれをつくる前後のことをテーマに、町口覚と「デザインのひきだし」編集長の津田淳子が語る。なかなか紙面には書けない話も出てくるスペシャルトークだ。

※本トークイベントは、「デザインのひきだし33」を購入された方が参加対象。詳細は公式サイトをご覧ください。

開催期間 2018/02/27(火)
時間 19:00~20:30(開場18:45~)
入場料 2,160円(税込、書籍代)
参加アーティスト 町口覚、津田淳子
会場
  • TSUTAYA TOKYO ROPPONGI 2F 特設イベントスペース
  • 東京都港区六本木6-11-1
お問い合わせ 03-5775-1515
会場URL http://real.tsite.jp/ttr/
詳細URL http://real.tsite.jp/ttr/event-news/2018/02/hikidashi33.html