カラボギャラリー第2回企画展「色覚を考える展」

カラボギャラリー第2回企画展「色覚を考える展」

文部科学省の平成28年度「私立大学研究ブランディング事業」に採択された「『色』で明日を創る・未来を学ぶ・世界を繋ぐKOUGEIカラーサイエンス&アート」事業において、東京工芸大学のユニークな取り組みが加速している。事業の拠点となる色の国際科学芸術研究センター「カラボギャラリー」では、第2回企画展「色覚を考える展」が開催中。今回は、人やその他の動物たちがどのような「色の世界」を生きているのかを考える。

例えば、犬は「青・黄」の2色に反応する色センサーで世界を見ているといわれている。本展では、動物が見ている色彩を体験できるVR作品、赤外線・紫外線を利用したアート作品、ヒトの色覚の多様性とその仕組みについて理解を深める作品などが展示。本展の主旨は、「色」をテーマにして、最先端の「アートとテクノロジーの融合」を体験してもらうこと。これは、「工・芸融合」を特色とする東京工芸大学の学びのおもしろさを知ることにもつながる。

開催期間 2018/04/07(土)~2018/08/31(金)
時間 10:00~17:00
休館日 月曜日、日曜日、祝日(オープンキャンパスなどの大学イベントの際に不定期に開館する場合があります。公式サイトでご確認ください。)
入場料 無料
会場
  • カラボギャラリー
  • 神奈川県厚木市飯山1583 東京工芸大学 厚木キャンパス12号館2F
会場電話番号 046-242-4111
会場URL https://www.color.t-kougei.ac.jp/gallery/
詳細URL https://www.color.t-kougei.ac.jp/events/events28_11.html