松本力「記しを憶う」-東京都写真美術館コレクションを中心に

松本力「記しを憶う」-東京都写真美術館コレクションを中心に

絵描き・アニメーション作家の松本力は、トレースをせずに1コマずつドローイングを描き、透過光を加えてビデオで撮影して映像作品を制作しています。映像のインスタレーションとして、立体作品や音声によるライブパフォーマンスのほか、手製の映像装置を用いた独自のワークショップを美術館や学校、滞在する各地域で数多く開催し、国内外で活躍しています。

松本は自身の映像作品について、絵を描く中で考えや感情を具象化する、イメージの身体表現と位置づけています。その世界観は、幻想的な描写と時間を遡行するような奇妙な視線とともに、不思議な懐かしさを湛えており、切なさや哀しみの感情を見る者にもたらします。

本展は同時開催の上野アーティストプロジェクト2019「子どもへのまなざし」展との連動企画として、東京都写真美術館で所蔵する作品を、新たなインスタレーションとともにご覧いただくものです。会期中には松本と長年に渡り活動してきた、音楽家VOQとの二晩限りのライブパフォーマンスも行います。映像と音楽のまなざしが交差する空間表現をご堪能ください。

《本文は公式サイト紹介文より抜粋》

開催期間 2019/11/16(土)~2020/01/05(日)
時間 9:30~17:30 ※入室は閉室の30分前まで ※夜間開室:金曜日
休館日 11/18、12/2、12/16、12/26~2020/1/3
入場料 無料
会場
  • 東京都美術館 ギャラリーB
  • 東京都台東区上野公園8-36
詳細URL https://www.tobikan.jp/exhibition/2019_collection.html