さいたま国際芸術祭 2020 -Art Sightama-

提供:さいたま国際芸術祭実行委員会提供:さいたま国際芸術祭実行委員会

※新型コロナウイルス感染拡大防止にともない、開幕を延期。スケジュールは決定次第、公式サイトで発信(3月18日付 主催者発表)

さいたまを、芸術と生活がひとつとなる「アート・サイト」に。さいたま国際芸術祭2020は、生活都市さいたまを舞台に開催される芸術の祭典です。

さいたまトリエンナーレ2016から2回目となるさいたま国際芸術祭2020では、既存のジャンルに捉われない作品とプロジェクトを国内外のアーティストと共に展開していきます。多様な感性が交わり生まれる市民参加の「Art Sightama」として、さいたま国際芸術祭2020を開催します。

《本文は公式サイト紹介文より抜粋》

開催期間 2020/03/28(土)~2020/05/17(日)
時間 11:00~20:00(旧大宮区役所・旧大宮図書館、最終入場19:30)
休館日 月曜日(ただし、5/4は開場)、5/7
入場料 旧大宮区役所会場鑑賞料1,200円(前売り1,000円)
※前売りは3/13まで販売。高校生以下ならびに障害者および介助者(1名まで)は無料。料金体系が異なるプログラムあり。
※メイン会場となる旧大宮区役所は、一部のエリアを除き鑑賞料が必要。
参加アーティスト 篠田太郎、テリ・ワイフェンバック、高木正勝、新津保建秀、最果タヒ、須田悦弘、菅原直樹/OiBokkeShi、平川恒太、DamaDamTal ほか
会場
  • 旧大宮区役所(メインサイト) ほか
  • 埼玉県さいたま市大宮区大門町3-1(メインサイト) ほか
会場電話番号 050-2018-8030
※期日によって対応時間が異なります。詳細は公式サイトを参照。
詳細URL https://art-sightama.jp/