【プレゼント】『所蔵作品展 動物集合』ご招待券(東京都)

大塚茂吉《猫》2005年 東京国立近代美術館蔵大塚茂吉《猫》2005年 東京国立近代美術館蔵
2017/2/22 10:30

ツル、カメ、貝、トンボ、オシドリ、犬、タカ、虎、龍、鳳凰など、工芸には数え出したらきりがないほどの動物たちが登場し、時として、制作に欠かせない素材や道具にも用いられる。ツルカメは長寿、貝は豊穣、トンボは武運というように、モチーフとなる動物には、もともと願いや祈りが込められてきた。その意味は時代によって変わることもあるが、根底にはいつでも自然界に生きる動物の形や習性がある。

近代において作家は、動物のモチーフがそれまでにもっていたイメージによらない作品を制作するようになった。素材と技法の特性を生かした造形に挑むなかで、卵殻の小さなかけらは柔らかな毛並みへ、叩いた金属の硬質な輝きはタカの勇猛さへと転じた。また、作家と動物がより近しくなることで生まれた親しみのこめられた視線は、見る人の共感を呼び起こす。作家たちが、さまざまな素材と技法で表現した、動物の生き生きとした姿をお楽しみいただきたい。

会期:2017年2月28日(火)~2017年5月21日(日)
会場:東京国立近代美術館工芸館
詳細:https://www.japandesign.ne.jp/event/animal-set-momat/
プレゼント枚数:5組10名
締切:2017年3月8日(水)締め切りました。