TENNOZ ART WEEK 2024

TENNOZ ART WEEK 2024

東京の寺田倉庫 G3-6Fおよび周辺施設、天王洲アイル第三水辺広場にて、「TENNOZ ART WEEK 2024」が2024年6月27日から7月15日まで開催されます。

—以下、公式サイトの紹介文を抜粋—

TENNOZ ART WEEKは、アートシティ天王洲に国際水準のアートコンテンツを誘致し、国内外のアート関係者が来訪する場を創出することで、日本と海外のアートシーンを繋ぎ、国際文化観光を目指すアートイベントです。

2024では、現代アートのみならず、工芸、アニメーション、建築、食など、日本の文化の多様性や、各文化が根付く地域の魅力も紹介することで、芸術文化への関心が高い訪日アートコレクターや、旅行者に対してもアートシティ天王洲の魅力を発信し、アートシーンを盛り上げます。

【実施プログラム】
●「触れてなどいない」
束芋と3人のアニメーション作家による新作映像インスタレーション展示
日時:7月5日(金)~7月15日(月・祝) 11:00~21:00
会場:寺田倉庫G3-6F
料金:大人2,000円/学生1,500円/子供1,000円
※各日5回公演
※事前予約制

●「感覚する構造 – 法隆寺から宇宙まで – 」
企画担当者による特別ガイドツアー
日時:7月6日(土)、7月13日(土) 各日10:00~11:00
会場:WHAT MUSEUM
定員:各回16名(先着順)
料金:2,500円(建築倉庫の入場料含む)
※事前予約制、日英同時通訳あり

ナイトミュージアム
日時:7月6日(土) 11:00~21:00(入館は閉館1時間前まで)
7月7日(日)、7月13日(土)、7月14日(日)、7月15日(月・祝) 11:00~20:00(入館は閉館1時間前まで)
料金:展覧会チケット1,500円、建築倉庫チケット700円

●「Beautility: The Betweenness of Kogei」
若手アーティストを中心とした美術工芸展
日時:6月27日(木)~7月7日(日) 11:00~18:00
※7/6は21:00まで、7/7は20:00まで
会場:WHAT CAFE
料金:無料

●日本の伝統画材を使って花をえがく/純金とマラカイトで日本画制作
日時:7月6日(土)、7月7日(日) 各日11:30~13:30/16:00~18:00
会場:PIGMENT TOKYO
料金:9,900円
定員:各回10名
※事前予約制、先着順

●TAC GALLERY NIGHT
日時:7月6日(土) 17:00~20:00
会場:TERRADA ART COMPLEX Ⅰ、TERRADA ART COMPLEX Ⅱ
料金:3,500円
※本イベントは、招待者・特別鑑賞チケットを購入の方のみ入場可能

●STREET MARKET
日時:7月6日(土) 11:00~21:00
7月7日(日)、7月15日(月) 11:00~18:00
7月13日(土)、7月14日(日) 11:00~20:00
※7/13~7/15はキッチンカーのみ
会場:BOARD WALK
料金:無料

開催期間 2024/06/27(木)~2024/07/15(月)
時間 プログラムによって異なります。詳細は公式ホームページをご覧ください
休館日 プログラムによって異なります。詳細は公式ホームページをご覧ください
入場料 プログラムによって異なります。(一部無料あり)
会場
  • 寺田倉庫 G3-6Fおよび周辺施設、天王洲アイル第三水辺広場
  • 東京都品川区東品川2-6-10
会場URL https://www.terrada.co.jp/
詳細URL https://taw.warehouseofart.org/