Reborn-Art Festival 2021-22[後期]― 利他と流動性 ―

Reborn-Art Festival 2021-22[後期]― 利他と流動性 ―

リボーンアート・フェスティバルは、宮城県の石巻を主な舞台とした、「アート」「音楽」「食」の総合芸術祭です。東日本大震災の被災地で、「Reborn-Art=人が生きる術」をキーワードに掲げ、2017年に始まりました。

3回目となる今回は、震災から10年という節目に、コロナ禍を見据え、2期に分けて実施。「利他と流動性」をテーマに、2021年夏[前期]と2022年夏[後期]に開催します。

戦争災害により世界が新たな不安に襲われている今、多様な表現を通じて、未だ見たことのない新世界を目指します。

《本文は公式サイト紹介文より抜粋》

開催期間 2022/08/20(土)~2022/10/02(日)
時間 石巻市街地:10:00~17:00、牡鹿半島:10:00~16:00(土・日・祝は17:00まで) ※いずれも最終受付は終了時間30分前まで ※鑑賞時間は施設、作品によって異なる場合あり
休館日 8/24、9/7、9/14
入場料 一般3,500円/大学生・高校生・専門学生3,000円/宮城県民2,000円
会場
  • 宮城県石巻市街地(石巻中心市街地、復興祈念公園周辺、渡波)、牡鹿半島(桃浦・荻浜、鮎川)
詳細URL https://www.reborn-art-fes.jp/#info20220209