メディア・アートの源流とその変遷 メディア・アートとICCの20年

ICC20周年記念シンポジウム

写真左©Schering Stiftung, 写真中©Andreas MULLER写真左©Schering Stiftung, 写真中©Andreas MULLER

1997年にNTTインターコミュニケーション・センター(ICC)が開館してから20年。かつてはまだ一般的には認知されていなかったメディアアートは、現在のようにテクノロジーが社会に浸透した環境において、より現実的に社会に機能し、作用するようになっている。ICCとメディアアートにおけるこの20年、メディアアートを取り巻く環境は変化し続けているが、テクノロジーは私たちの想像力を刺激し、拡張し、それまでにない新たな地平を切り開く感性を育んできたといえる。

本シンポジウムでは、開館時の展覧会からICCにゆかりの深いアーティストであり、そして特に日本において現在活躍するアーティストたちに多大なる影響を与えた岩井俊雄、同じく開館の年にICCで個展を開催したポール・デマリーニス、メディアアートをより広範な歴史的パースペクティブでとらえた研究活動を行なうエルキ・フータモを迎えて、この20年とこれからの20年を考える。

※プログラム詳細は、下記詳細URLをご覧ください。

開催期間 2017/10/08(日)
時間 11:00~18:00
入場料 無料
参加アーティスト 岩井俊雄、ポール・デマリーニス、エルキ・フータモ、畠中実
会場
  • NTTインターコミュニケーション・センター [ICC]
  • 特設会場
  • 東京都新宿区西新宿3-20-2 東京オペラシティタワー4階
お問い合わせ 0120-144-199
会場URL http://www.ntticc.or.jp/
詳細URL http://www.ntticc.or.jp/ja/exhibitions/2017/media-art-in-transition-oct-8-2017/