DNPグラフィックデザイン・アーカイブ収蔵品展VII:松永真ポスター展

Design: Shin MatsunagaDesign: Shin Matsunaga

松永真は、現代日本を代表するグラフィックデザイナーの1人である。彼は、「生活すべてがデザインである」という信条のもと、身の回りのデザインに鋭い批評眼を向けて既成概念を打破し、私たちを取りまくデザイン環境を改革してきた。

作品を生み出すために彼が重視するのが、生活者としての経験や目線である。松永は、自身のデザインに対する姿勢を「半径3mの発想」という言葉であらわしている。時代を超えた普遍性を持つものは、平凡な日常の中にこそ潜むという考えのもと、借り物でない自分自身の経験や批判精神から発想し、それを作品へと着地させていく彼のスタンスは、ゆるぎない信念に裏打ちされたものであり、受け取り手に対する誠実さのあらわれともいえる。その作品は「日常性の美学」と評される一方、日常の枠を超えた普遍性により国際的にも高く評価されてきた。

本展では、松永の半世紀にわたる多彩な業績を、人間や世界に対する彼のまなざしがうかがえるポスター作品が中心に紹介される。あわせて、彼の手腕が遺憾なく発揮されたパッケージやCIのデザインも一部展示される。私たちの生活に浸透し、広く愛されている有名ブランドや商品を見い出せることだろう。同展は、単なる表層の表現にとどまらず、対象の核になるメッセージを深く分析しそれをシンプルに表現するという、初期から一貫した松永のデザイン哲学に触れる機会である。

開催期間 2017/03/01(水)~2017/06/11(日)
時間 10:00~17:00(入館は閉館15分前まで)
休館日 月曜日
入場料 一般300円/学生200円/小学生以下と65才以上および障がい者手帳をお持ちの方は無料
参加アーティスト 松永真
会場
  • CCGA現代グラフィックアートセンター
  • 福島県須賀川市塩田宮田1
会場電話番号 0248-79-4811
会場URL http://www.dnp.co.jp/gallery/ccga/
詳細URL http://www.dnp.co.jp/CGI/gallery/schedule/detail.cgi?l=1&t=3&seq=00000697