江戸期の民藝

-暮らしに息づく美-

色替唐草文六角三段重 18世紀 高21.7cm色替唐草文六角三段重 18世紀 高21.7cm

民藝とは、「生活の知恵」や「心の伝統」が形になったもので、独自の美意識や造形感覚が見事に表されている。

本展では、日本における民藝の黄金期であった江戸時代に焦点を当て、暮らしを彩った陶磁器や織物、染物、木工・家具、金工など約200点を、日本民藝館蔵品の中から厳選し紹介される。日本の暮らしに息づく、美の世界をご堪能いただきたい。

開催期間 2017/04/04(火)~2017/06/18(日)
時間 10:00~17:00(入館は閉館30分前まで)
休館日 月曜日(ただし祝日の場合は開館し翌日休館)
入場料 大人1,100円/高大生600円/小中生200円
会場
  • 日本民藝館
  • 東京都目黒区駒場4-3-33
会場電話番号 03-3467-4527
会場URL http://www.mingeikan.or.jp/
詳細URL http://www.mingeikan.or.jp/events/schedule2017-2018.html