宗悦・蒐集の軌跡 ─日本の工芸を中心に─

岩偶 縄文時代晩期 B.C.800年頃 15.9×19.3×5.2cm(1958年蒐集)岩偶 縄文時代晩期 B.C.800年頃 15.9×19.3×5.2cm(1958年蒐集)

1936(昭和11)年、47歳で東京・駒場に日本民藝館を設立した柳宗悦(1889-1961)。無名の職人による日用の工芸品「民芸(民衆的工芸)」の美の発見者として知られる柳だが、民芸運動の創始者だけでなく、美学者・宗教哲学者・思想家・美術評論家など、さまざまな言葉で形容されることからも分かる通り、柳の仕事は多岐にわたっていて、一言では形容し難い人物でもある。

日本民藝館のコレクションは、創設以来民芸運動の拠点として、新作工芸の範とすべき古い工芸品を中心に形成されていった。しかし、「民芸」誕生以前から行われ、最晩年まで続いた柳個人の蒐集を改めて振り返ると、一人のコレクションとしては極めて広範囲な分野にわたっていることが分かる。例えば、1910(明治43)年に21歳で創刊に参加した雑誌『白樺』で取り上げた西洋近代美術を通じて、版画や複製画などで造形物への関心を高めてから、朝鮮陶磁に傾倒し始めた1910年代後半には、「絵唐津芦文壺」(重要文化財・2003年指定)、「加彩牛」などの東洋陶磁や、仏教画「種子両界曼陀羅」など、東洋古美術の逸品が既に柳の手元にあったことが確認できる。そして、これら柳個人の蒐集品は、自身の還暦を機に日本民藝館へと寄贈され(1949年)、現在に至っている。

創設80周年を記念する特別展第3弾である本展は、「民芸運動の創始者」としての柳よりも、生涯にわたって「信と美」を追求し続けた蒐集家としての柳に注目し、蒐集年代が明らかな日本のコレクションを中心に展示するものである。また本展は、蒐集された順を追って構成する初の試みとなる。『白樺』 時代の蒐集をはじめ、「雑器の美」の発見、新作工芸運動や日本民藝館の設立へと展開した戦前の蒐集を経て、戦後に集中的に行われた古丹波焼の蒐集や、「仏教美学」の大成を目指した晩年の蒐集まで、柳宗悦の蒐集の軌跡を辿り、その生涯を振り返る。

開催期間 2016/09/01(木)~2016/11/23(水)
※イベント会期は終了しました
時間 10:00~17:00(入館は閉館30分前まで)
休館日 月曜日(ただし、祝日の場合は開館し、翌日休館)
入場料 一般1,100円/大高生600円/中小生200円
参加アーティスト 柳宗悦
会場
  • 日本民藝館
  • 全室
  • 東京都目黒区駒場4-3-33
会場電話番号 03-3467-4527
会場URL http://mingeikan.or.jp/
詳細URL http://mingeikan.or.jp/events/special/201609.html