蘭字―知られざる輸出茶ラベルの世界―

齋田記念館 2021年 特別展

蘭字―知られざる輸出茶ラベルの世界―

東京・世田谷の齋田記念館にて、齋田記念館2021年特別展「蘭字―知られざる輸出茶ラベルの世界―」が7月30日まで開催しています。

齋田記念館の母体である齋田家は、世田谷代田に続く旧家で、明治期には広大な茶園を造営して製茶業で栄えました。明治期、政府が茶の輸出を奨励したこともあり、各地で茶の生産・輸出が行われ、その輸出用茶箱に貼るラベルは「蘭字」と呼ばれ、商品価値を高めるためにカラフルに彩られ、海外の人々の心をとらえる魅力的なデザインが工夫されました。

2013年に和食がユネスコの無形文化遺産に登録されたこともあり、近年、日本の伝統的な茶文化への注目も高まっています。そこで、齋田記念館では、齋田家がまさに茶業をしていた明治期を中心に、その輸出茶ラベルすなわち「蘭字」をテーマに特別展を開催します。

《本文は公式サイト紹介文より抜粋/一部編集》

開催期間 2021/06/07(月)~2021/07/30(金)
時間 10:00〜16:30(入館は閉館の30分前まで)
休館日 土曜日(ただし、第4土曜日は開館)、日曜日、祝日
入場料 500円
会場
  • 齋田記念館
  • 展示室
  • 東京都世田谷区代田3-23-35
お問い合わせ 03-3414-1006
会場URL http://saita-museum.jp/
詳細URL http://saita-museum.jp/exhibition-new/