もつれるものたち

カディスト・アート・ファウンデーションとの共同企画展

アレクサンドラ・ピリチ 《 パルテノン・マーブル 》 2017 (カディストでの展示風景) Photo: Ouidade Soussi-Chiadmiアレクサンドラ・ピリチ 《 パルテノン・マーブル 》
2017 (カディストでの展示風景)
Photo: Ouidade Soussi-Chiadmi

※新型コロナウイルス感染拡大防止にともない、会期が変更となりました(5月27日付 主催者発表)

東京都現代美術館は、3月14日から6月14日まで、パリとサンフランシスコを拠点とするカディスト・アート・ファウンデーションとの共同企画展「もつれるものたち」を開催します。

本展覧会には、木、種、化石、道具や本など、私たちの日々の暮らしとは切り離せない「もの」がさまざまなかたちで登場します。12人/組のアーティストたちは、ある場所や時代と結びついたものを多角的に見つめ、それらが物質や生き物として、あるいは意味や価値、記憶を運ぶものとして紡いだ変化や移動の軌跡を描き出します。彼らの仕事は、人類学、考古学、歴史編纂を思い起こさせますが、何かを掘り出し明らかにしようとするのではなく、ある存在をいかに解釈するのかという問いを私たちに投げかけます。

いくつもの現実や歴史が複雑に交差する現代を軸に、異なる時代、領域、視点を行き来する作品たちは、「もの」たちの予期せぬ交わりやネットワーク、潜在的な親密さや緊張関係を垣間見せながら、私たちの内と外にある閉じた領域や、静的なシステムを開いてゆくための視座をもたらしてくれます。

《本文は公式サイト紹介文より抜粋》

※関連イベントなど詳細は公式サイトを参照ください

開催期間 2020/06/09(火)~2020/09/27(日)
時間 10:00~18:00(入場は閉館の30分前まで)
休館日 月曜日(8/10、9/21は開館)、8/11、9/23
入場料 一般1,300円/大学生・専門学校生・65歳以上900円/中高生500円/小学生以下無料
参加アーティスト ピオ・アバド、リウ・チュアン、藤井光、デイル・ハーディング、磯辺行久、岩間朝子、カプワニ・キワンガ、ジュマナ・マナ、ミックスライス、トム・ニコルソン ほか
会場
  • 東京都現代美術館
  • 企画展示室1F
  • 東京都江東区三好4-1-1 木場公園内
お問い合わせ 03-5777-8600
会場電話番号 03-5245-4111
会場URL https://www.mot-art-museum.jp/
詳細URL https://www.mot-art-museum.jp/exhibitions/kadist-art-foundation/