マーク・マンダース ―マーク・マンダースの不在

マーク・マンダース スタジオ風景マーク・マンダース スタジオ風景

※新型コロナウイルス感染拡大防止にともない、5月31日まで臨時休館となりました(主催者発表)

東京都現代美術館では、現代のアートシーンに独自の位置を占める作家、マーク・マンダースの、国内美術館では初となる個展を開催します。

マンダースは、1968年オランダのフォルケル生まれ。現在はベルギーのロンセにスタジオを構えています。1986年、18歳のときに、自伝執筆の試みを契機に得たと言う「建物としての自画像」という構想に沿って、以降30年以上にわたって一貫した制作を続けています。その構想とは、自身が架空の芸術家として名付けた、「マーク・マンダース」という人物の自画像を「建物」の枠組みを用いて構築するというもの。その建物の部屋に置くための彫刻やオブジェを次々と生み出しインスタレーションとして展開することで、作品の配置全体によって人の像を構築するという、きわめて大きな、そしてユニークな枠組みをもつ世界を展開しています。この虚構的な枠組みをベースとして類のないビジョンを示す独創的な作品世界は、彫刻の概念を掘り下げる個々の作品の質とあいまって、世界的に高い評価を受けてきました。本展は、作家本人の構想により、展示の全体を一つの作品=想像の建物のインスタレ―ションとして構成するものです。

《本文は公式サイト紹介文より抜粋》

開催期間 2021/03/20(土)~2021/06/20(日)
時間 10:00~18:00(展示室入場は閉館30分前まで)
休館日 月曜日(5/3は開館)、5/6
入場料 一般1,500円/大学生・専門学校生・65歳以上1,000円/中高生600円/小学生以下無料
参加アーティスト マーク・マンダース
会場
  • 東京都現代美術館
  • 企画展示室 3F
  • 東京都江東区三好4-1-1 木場公園内
お問い合わせ 03-5777-8600(ハローダイヤル)
会場電話番号 03-5245-4111
会場URL https://www.mot-art-museum.jp/
詳細URL https://www.mot-art-museum.jp/exhibitions/mark-manders/