瑛九1935-1937 闇の中で「レアル」をさがす

《作品》1937年頃、コラージュ、東京国立近代美術館蔵《作品》1937年頃、コラージュ、東京国立近代美術館蔵

瑛九(本名:杉田秀夫、1911-1960)は1936年にフォトデッサン集『眠りの理由』で鮮烈なデビューを飾り、その後さまざまな技法を駆使しながら独自のイメージを探求した芸術家である。東京国立近代美術館では近年、彼の評伝を著した友人の画家、山田光春の旧蔵していた作品と資料を収蔵した。

本展は、その中から未発表の作品約50点と手紙等により、「レアル」を求めて苦闘するデビュー前後の瑛九の実像を紹介する。

【関連イベント】
●大谷省吾(東京国立近代美術館美術課長・本展企画者)による講演会
「書簡から読み解く 1935-1937年の瑛九」
日時:2016年12月17日(土)、2017年1月7日(土)
いずれも14:00~15:30(開場は開演30分前)
場所:東京国立近代美術館講堂(地下1階)
※申込み不要、聴講無料、先着140名

開催期間 2016/11/22(火)~2017/02/12(日)
※イベント会期は終了しました
時間 10:00~17:00(金・土は20:00まで/いずれも入館は閉館30分前まで)
休館日 月曜日(2017年1/2、1/9は開館)、年末年始(12/28~2017年1/1)、1/10
入場料 一般430円/大学生130円/高校生以下および18歳未満・キャンパスメンバーズ・MOMATパスポートをお持ちの方・65歳以上・障害者手帳をお持ちの方とその付添者(1名)は無料
参加アーティスト 瑛九
会場
  • 東京国立近代美術館 2F
  • ギャラリー4
  • 東京都千代田区北の丸公園3-1
会場電話番号 03-5777-8600(ハローダイヤル)
会場URL http://www.momat.go.jp/
詳細URL http://www.momat.go.jp/am/2016/#section1-2