experimental studies | post past

京都造形芸術大学プロジェクトセンター×京都dddギャラリー連携企画展

デザイン:見増勇介デザイン:見増勇介

2016年度、京都造形芸術大学は公益財団法人DNP文化振興財団の協力のもと、従来の印刷による技術や表現とは異なる発見を求め、創造するための連携プロジェクトを実施してきた。これに参加した学生たちは、印刷や刻字にまつわる現在と過去を行き来し、そこからグラフィックデザインの未来を見つめることで、新たな発見のきっかけを探り続けてきた。

未来について考えるためには、まだ見ぬ先端(post)よりも、過ぎ去ったもの(past)について考えることの方が幾分可能性がある。それは過去から未来へとバトンを渡す、創造のチャレンジである。過去と未来を同時にみつめる学生たちの眼差しとしての展覧会に、期待いただきたい。

【関連イベント】
●オープニング・レセプション
スペシャル・トーク
ゲスト:藤本由紀夫(アーティスト)
日時:12月14日(水) 17:00~19:00
会場:京都dddギャラリー
※入場無料、予約不要

開催期間 2016/12/14(水)~2016/12/24(土)
※イベント会期は終了しました
時間 11:00~19:00(土曜日は18:00まで)
休館日 日曜日・祝日
入場料 詳細は公式ホームページをご覧ください
参加アーティスト 市岡颯紀、稲田光佑、酒井文子、澤頭啓恵、下坂菜摘、中川ちほり、橋本紗都美 他
会場
  • 京都dddギャラリー
  • 京都府京都市右京区太秦上刑部町10
お問い合わせ 075-871-1296
会場電話番号 075-871-1480
会場URL http://www.dnp.co.jp/gallery/ddd/
詳細URL http://www.dnp.co.jp/CGI/gallery/schedule/detail.cgi?l=1&t=2&seq=00000689