長くつ下のピッピの世界展 ~リンドグレーンが描く北欧の暮らしと子どもたち~

日本・スウェーデン外交関係樹立150周年記念

イングリッド・ヴァン・ニイマン 《『長くつ下のピッピ』出版社用ポスター原画》 1940年代後半 アストリッド・リンドグレーン社(スウェーデン)所蔵  Illustration Ingrid Vang Nyman ©The Astrid Lindgren Company. Courtesy of The Astrid Lindgren Companyイングリッド・ヴァン・ニイマン 《『長くつ下のピッピ』出版社用ポスター原画》 1940年代後半
アストリッド・リンドグレーン社(スウェーデン)所蔵
Illustration Ingrid Vang Nyman ©The Astrid Lindgren Company. Courtesy of The Astrid Lindgren Company

日本・スウェーデン外交関係樹立150周年を記念した展覧会「長くつ下のピッピの世界展 ~リンドグレーンが描く北欧の暮らしと子どもたち~」が、東京富士美術館で開催される。

1941年の冬、アストリッド・リンドグレーンは、風邪で寝込んでいた愛娘を喜ばせようと、天衣無縫な女の子の活躍を次々に即興で語った。これが『長くつ下のピッピ』誕生のきっかけだ。そして1945年、第2次世界大戦終戦の年に出版された世界一強い女の子ピッピの本は、またたく間に世界中の子どもたちの人気を集め、今日まで70年以上にもわたり読み継がれてきた。

本展では、スウェーデン王立図書館所蔵、ユネスコ“世界の記憶”に登録された『長くつ下のピッピ』などの貴重な原画をはじめ、スウェーデン、デンマーク、エストニアなどより、「ピッピ」「ロッタちゃん」「やかまし村」シリーズなどの原画、さらには、リンドグレーン自らがタイプして愛娘の10歳の誕生日に贈った「ピッピ」のオリジナル原稿、愛用品など約200点が出品され、その多くが日本初公開となる。

さらに、本展のために製作された特別映像や、ピッピの住む「ごたごた荘」を再現した大型模型も楽しめる。また、リンドグレーン作品に描かれる、スウェーデンの生活文化、自然との共生、子育てといったテーマにも焦点があてられる。94年の生涯に多くの子ども向け作品を生み出し、“子どもの本の女王”と呼ばれたアストリッド・リンドグレーンは、その人生と作品において、子どもの人権を守り、不正に対して声をあげ、動物の権利の擁護者としても、あらゆる虐待に反対の立場を表明したオピニオンリーダーでもあった。そんな作者の知られざる人生も紹介される。すべての子どもたちと家族、かつて子どもだった大人たちに贈る、ノスタルジックで心温まる展覧会だ。

開催期間 2018/07/28(土)~2018/09/24(月)
時間 10:00~17:00(入館は閉館30分前まで)
休館日 月曜日(ただし、祝日の場合は開館、翌日火曜日が振替休館)
入場料 大人1,300円/大高生800円/中小生400円/未就学児無料
会場
  • 東京富士美術館
  • 本館 企画展示室1~4
  • 東京都八王子市谷野町492-1
会場電話番号 042-691-4511
会場URL http://www.fujibi.or.jp/
詳細URL http://www.pippi-ten.com/