PATRICK TABERNA 写真展 “Clément, sous un même ciel”

-クレモン、変わらぬ空の下で-

PATRICK TABERNAPATRICK TABERNA

写真家・Patrick Taberna(パトリック・タベルナ)による展示会「Clément, sous un même ciel-クレモン、変わらぬ空の下で-」が、神戸のMirage Galleryで開催される。

パトリック・タベルナは、Nicolas Bouvier(ニコラ・ブーヴィエ)著『l’usage du monde(世界の使い方)』のポケット本を手に、ヨーロッパ、アジア、中東、アメリカなどを数多く旅行しながら、写真を撮り始める。 1997年、シリーズ『Passage en Ouest』の写真を37週にわたって、週に1枚、10人の人に郵便で送るという試みを行う。その10人の中にBernard Plossu(ベルナール・ プロス)やRobert Frank(ロバート・フランク)がおり、彼らとの文通を通して旅や写真への審美眼を養う。 常に私的な旅人であり続ける彼の写真は、今日では次第に自伝的要素が強くなってきている。

――時が経つにつれて、イメージは記憶を、そして物語を紡いでいく。ここに集めたイメージの中に現れる私の息子、クレモンは、『アルル 2004年』では4歳、『デン・ハーグ 2017年』では17歳。最初の写真から最後の写真の間には、13年の年月が流れている。これは、彼に捧げるシリーズである。

13年間、私は、子供から大人になっていく我が子の、目に見えないほど微妙な日々の変化を写真を通して記憶に留め、彼の足跡を追ってきた。私達の中にはいつも子供の頃の自分がいて、事あるごとにふと現れる。イメージは、『これが子供の頃の私だ』という証として有効な手立てとなる。空は、変わりやすいと同時に、時間にとらわれることなく不変であるが、その変わらぬ空の下で、人生は刻々と過ぎ去ってゆく。写真は、それをつなぎとめるための舫い綱だ――パトリック・タベルナ

開催期間 2018/10/27(土)~2018/11/25(日)
※イベント会期は終了しました
時間 12:00~18:00
休館日 月曜日、火曜日、祝日
入場料 200円
参加アーティスト パトリック・タベルナ
会場
  • Mirage Gallery
  • 兵庫県神戸市中央区北長狭通3-9-10 青柳ビル303号室
会場電話番号 078-335-6510
会場URL https://miragegallery.jp/wp/
詳細URL https://miragegallery.jp/wp/portfolio_page/clement-sous-un-meme-ciel-patrick-taberna/