なんか、ちがう。パッケージデザインのやくわり展

なんか、ちがう。パッケージデザインのやくわり展

東洋製罐グループホールディングス株式会社は、12月23日より東京都品川区の本社1F「容器文化ミュージアム」にて、パッケージデザインをテーマにした企画展を開催いたします。

パッケージデザインはブランドの価値を伝えるツールであり、商品やサービスをブランディングする上で重要なやくわりを担っています。「中身をイメージさせる色やかたち」「正確な文字情報」などを融合し組み替えることで、市場には個性豊かな商品が生まれ続けています。その過程で、「お茶ならあんな感じ」「キムチならこんな色」など、商品を識別するための記号ともいえる「セオリー」が自然発生的に生じることがあります。

本企画展は、人の記憶にある「セオリー」に着目。実験的パッケージから、パッケージデザインが人に与える印象、その可能性を逆説的に浮かび上がらせることを意図しています。セオリーに反する組み合わせ、思いがけない発想を具現化した展示品から、「なんか、ちがう」違和感と、「なんか、ちがう」魅力的なアイデアまで。お立ち寄りいただき、「パッケージデザインのやくわり」を感じていただければ幸いです。

《本文は公式サイト紹介文より抜粋》

開催期間 2019/12/23(月)~2020/02/21(金)
時間 9:00~19:00 ※開催初日のみ 17:00終了
休館日 土曜日、日曜日、祝日
入場料 無料
会場
  • 容器文化ミュージアム
  • 東京都品川区東五反田2-18-1 大崎フォレストビルディング1階
会場URL https://package-museum.jp/
詳細URL https://package-museum.jp/topics/