札幌雪祭り2013 プロジェクションマッピング映像 楽曲制作

2013 / 札幌メディア・アーツラボ

「創造都市さっぽろ」の取り組みの一環として、雪祭りでは初めて実施されたプロジェクションマッピング。大雪像は国指定重要文化財「豊平館」が忠実に再現された。ここでも楽曲と共に効果音の全てを制作。幅広い層に音でも楽しんで観覧していただけるような音作りを心がけた。

札幌雪祭り2013 プロジェクションマッピング映像 楽曲制作(作曲家・サウンドデザイナー)

畑中正人(作曲家・サウンドデザイナー)

作曲家・サウンドデザイナー 1975年北海道浜頓別町出身。独学で作曲、ピアノ、音響学を学ぶ。95年より札幌市を拠点にキャリアをスタート。主に舞台音楽やイベント、企業VPや広告音楽などの分野で数多くの作品を手がける。 2002年よりドイツに拠点を移し、ハンブルク州で外国人として初の作曲家ビザを取得。ハンブルクバレエ団プリンシパル・ダンサー、イリ・ブベニチェクやヘザー・ユルゲンセン等に多くの楽曲を提供する。担当した舞台作品は欧州各国で数々の賞を受賞している。 2004年に帰国。建築空間のための作曲を積極的に行う。2012年5月に開業した東京スカイツリーでは最上階にある展望室<天望回廊>のサウンド総合演出を手がけた。
http://hatanakamasato.net/