数寄景/NEW VIEW—日本を継ぐ, 現代アートのいま

本展メインビジュアル本展メインビジュアル

私たち日本人は、外来文化を受け入れ、そこに独自の洗練を加えることで、創造性の高い文化をつくってきました。日本文化の特質であるこの創造性は、グローバリズムが台頭する現代においても絶えることなく、脈々と受け継がれています。本展は、このような日本美術の「文化遺伝子」を継承するアーティストたちの身振りにフォーカスすることで、これからの日本美術への問いかけと、可能性を見出します。

展示構成は、日本文化のキーワードから選んだ、「あやし」「見立て」「うつろひ」「なぞらえ」「かさね」「ゆらぎ」「今様」「奇想」の8つのセクションごとに、それぞれ2組(一部3組)のアーティストの作品を対峙。お互いがせめぎ合い、重なり合う、現代アートのいまを体感できる場を仕掛けます。

現在もっとも注目を集めるアーティストから新世代のアーティストまで、現代の「数寄者」たちの織りなす、自由闊達で創造力あふれる展示空間を風景に見立て、展覧会タイトルを『数寄景/NEW VIEW』としました。「平成」から「令和」への転換を迎え、彼らの作品は、私たちにどんな新しい風景「NEW VIEW」を見せてくれるのでしょうか。

《本文は公式サイト紹介文より抜粋》

【関連イベント】
●トークイベント
「日本的美意識と現代アート」
日時:2月1日(土) 14:00~(90分程度/13:45開場)
会場:セミナールームA
登壇者:三潴末雄(ミヅマアートギャラリー ディレクター)、小崎哲哉(ジャーナリスト/『現代アートとは何か』著者)
参加費:500円
定員:50名(自由席)
※要電話予約

●オープニングレセプション
日時:2月1日(土) 18:30~20:00
会場:三菱地所アルティアム
※参加無料、予約不要

※本展は、福岡三越(2/26〜3/8)との2会場特別開催です。

開催期間 2020/02/01(土)~2020/03/08(日)
時間 10:00~20:00
休館日 2/18、2/19
入場料 一般400円/学生300円/高校生以下および障がい者等とその介護者1名・アルティアムカード会員・三菱地所グループCARD(イムズカード)会員は無料
参加アーティスト 青山悟、赤松音呂、池田学、岩崎貴宏、岡本瑛里、荻野夕奈、金子富之、川人綾、木村了子、teamLab、中北紘子、橋爪彩、水野里奈、宮永愛子、宮本佳美、山本竜基、淀川テクニック
会場
  • 三菱地所アルティアム
  • 福岡県福岡市中央区天神1-7-11 イムズ8F
会場電話番号 092-733-2050
会場URL http://artium.jp/
詳細URL http://artium.jp/exhibition/2020/19-09-sukikei/