ヌード NUDE -英国テート・コレクションより

オーギュスト・ロダン 《接吻》(部分) 1901-4年 ペンテリコン大理石 182.2×121.9×153.0cmPurchased with assistance from the Art Fund and public contributions 1953, image © Tate, London 2017オーギュスト・ロダン 《接吻》(部分) 1901-4年 ペンテリコン大理石 182.2×121.9×153.0cm
Purchased with assistance from the Art Fund and public contributions 1953, image © Tate, London 2017

ヌード-人間にとって最も身近といえるこのテーマに、西洋の芸術家たちは絶えず向き合い、挑み続けてきた。美の象徴として、愛の表現として、また内面を映し出す表象として、ヌードはいつの時代においても永遠のテーマとしてあり続け、ときに批判や論争の対象にもなった。

本展は、世界屈指の西洋近現代美術コレクションを誇る英国テートの所蔵作品により、19世紀後半のヴィクトリア朝の神話画や歴史画から現代の身体表現まで、西洋美術の200年にわたる裸体表現の歴史を紐とく。フレデリック・レイトンが神話を題材として描いた理想化された裸体から、ボナールらの室内の親密なヌード、男女の愛を永遠にとどめたロダンの大理石彫刻「接吻」など、現代における身体の解釈を通して、ヌードをめぐる表現がいかに時代とともに変化し、また芸術表現としてどのような意味をもちうるのか、絵画、彫刻、版画、写真など約134点でたどる。2016年のオーストラリアを皮切りにニュージーランド、韓国へと国際巡回した本展。待望の日本上陸である。

※本展には性的表現を含む作品も含まれております

【関連イベント】
●記念講演会「裸とヌード 美術作品におけるヌード、その新たな位置づけ」
日時:3月24日(土) 14:00~15:30(13:30開場)
講師:エマ・チェンバーズ(テート学芸員、本展監修者)
※日英逐次通訳有
会場:横浜美術館レクチャーホール
定員:220名
参加費:無料
※事前申込み、先着順

●講演会「豊麗多彩なヌード芸術」
日時:5月19日(土) 14:00~15:30(13:30開場)
講師:高階秀爾(美術史家、大原美術館館長)
会場:横浜美術館レクチャーホール
定員:220名
参加費:無料
※事前申込み、先着順

※そのほかの関連イベントは、下記詳細URLをご覧ください。

開催期間 2018/03/24(土)~2018/06/24(日)
時間 10:00~18:00(5/11、6/8は、20:30まで/いずれも入館は閉館30分前まで)
休館日 木曜日(ただし、5/3は開館)、5/7
入場料 一般1,600円/大学・専門学校生1,200円/中学・高校生600円/小学生以下無料/65歳以上1,500円(要証明書、美術館券売所でのみ対応)
会場
  • 横浜美術館
  • 神奈川県横浜市西区みなとみらい3-4-1
会場電話番号 045-221-0300
会場URL http://yokohama.art.museum/
詳細URL https://artexhibition.jp/nude2018/