[JDN] クリエイティブを刺激するデザイン情報サイト

クリエイティブを刺激する
デザイン情報サイト[JDN]

建築、内装、インテリアなどJDN編集部が厳選した空間デザイン事例

ひたちの整形外科

広大な敷地に建つ、方角によって異なる表情を持つ平屋
■デザインコンセプト
担当 松山建築設計室


ひたち野うしく駅から東西に連なる大きな幹線道路の整備により、新しい街並みが形成されているエリアの約1,000坪の広大な敷地に計画された移転新築のプロジェクトです。

この幹線道路に面するエリアには商業施設が建ち並び、その後方には閑静な住宅街が整備されています。その狭間の場所に敷地は位置しており、この双方の顔を持つ環境に対しての建築的配慮と駐車場50台を完備する計画でした。

その課題に対して建築は平屋構成としました。建物の高さを抑えることによって周辺環境とのスケール的調和を図ると共に、北側の幹線道路側と南側の住宅群側では異なった表情を持つ建築が導き出されています。

54mにもおよぶ印象的なエントランス外観には、整形外科というこの建物の特性から、患者に「耐え忍び成長を続ける樹木のように」という言葉が秘められています。
所在地 茨城県牛久市
用途 クリニック
階数 平屋
延床面積 788.61m2
竣工 2014年
設計 松山建築設計室
構造 有限会社 志水設計
設備 有限会社 シード設計社
撮影 石井紀久
PAGE TOP