[JDN] クリエイティブを刺激するデザイン情報サイト

クリエイティブを刺激する
デザイン情報サイト[JDN]

JDN編集部が注目するデザインやイベントをレポート

インスピレーションの湧く1冊が必ず見つかる、「世界のブックデザイン2014-15」

インスピレーションの湧く1冊が必ず見つかる、「世界のブックデザイン2014-15」

2016/02/17 10:25

デザインのおしゃれな本が好き、印刷物が好き!という方にぜひ行ってほしい展覧会を紹介します。

東京・文京区の印刷博物館で開催されている「世界のブックデザイン2014-15」。本展は、2015年3月に開催された「世界で最も美しい本コンクール2015」の受賞図書13点をはじめ、日本・ドイツ・オランダ・スイス・オーストリア・カナダ・中国・デンマークという計8カ国のコンクール入選図書、約200点を展示しています。

DSC08275

並べられた本は表紙の美しさ、面白さだけでなく、中の文字のレイアウトや紙質など細部までこだわってデザインされているものばかり。そして、本展のうれしいポイントは、展示されている本をすべて手に取って読んでOKなところです。

以下、「ジャケ買い」の要領で、ビビッときたものをいくつか紹介したいと思います。

「Untitled(September Magazine)Paul Elliman,2013」(ベルギー)
500ページにもわたるファッション雑誌。女性のおでこの一部分だけを大きく載せた表紙は、ファッション雑誌としてはめずらしい印象を受けます。中のページには一切テキストがありません。おもに寄りで撮られている写真が多い印象で、断片的なカットからは見えない部分の想像を掻き立てられます。

DSC08277

DSC08278

「FRIET speciaal nr. 1」(オランダ)
8~10歳児向けの、考古学の要素を含んだ本。2003~2012年にアムステルダムで発掘された、20世紀のプラスチック製品やその断片を写した41枚の写真が載っています。“超”独創的な児童書です。歴史的に貴重な発見物などは掲載していませんが、発掘されたモノを使っていた人や、用途に思いをめぐらせるような1冊。

DSC08305

DSC08304

「いちにのさん」(日本)
鮮やかな黄色のケースに描かれた可愛らしいトラと蝶々に惹かれ、思わず手に取ってしまった1冊。本体表紙のほんわかとしたイラストと、ページをめくると現れるダイナミックに描かれた絵がさらに魅力を引き立てます。著者は絵本作家のきくちちきさん、装丁はサイトヲ ヒデユキさん。こだわり抜かれた装丁は、子どもはもちろん、大人へのプレゼントとしてもいいかもしれません。

DSC08264

DSC08266

「New Urban Configurations」(オランダ)
140の都市の過去50年間の変遷に関する話と講義について書かれた本。都市の市街計画やインフォグラフィックスが1000を超えるページに明快に掲載されています。白を基調とした表紙に、カラフルな蛍光色を使ったことがポイントになっています。ページ端のタブの色や見開き部分も表紙の色とリンクしています。固い内容の印象を変えるデザインが魅力的。

DSC08316

DSC08317

「Motion Silhouette」(日本)
各ページの見開き部分から飛び出したさまざまなモチーフに光を当てることにより、影の動きを楽しめる絵本。本の近くに置いてある懐中電灯をモチーフに当てると、ページの見え方の変化を楽しむことができます。この本は、アーティストの梶原恵さんと製本家の新島龍彦さんのお二人によって考えられた本です。完全受注生産で、ひとつひとつ丁寧に作られているそう。

【関連記事】http://www.japandesign.ne.jp/books/2015/10/10200/

DSC08281

DSC08284

お化けに光を当てると、ベッドに寝ている少年にお化けが今にも襲いかかりそう

「69 Hotelzimmer」(ドイツ)
「69のホテルの部屋」という秘密に満ちたタイトルが想像を掻き立てる文学書。夕焼けや夜明けを思わせるカバーと表紙のオレンジが魅力的です。中身のテキストにまで、オレンジ色が反映されているのにこだわりを感じる1冊。

DSC08221

DSC08223

「Dolphin SOS」(カナダ)
罠にかかってしまった3匹のイルカを、勇敢な若者が助けるという物語の児童書。2009年にニューファンドランドで起こった実在の話をもとに描かれています。少しシリアスなテーマですが、洗練されたイラストと読みやすい文字によって親しみやすくなっています。流氷の表現はまるで切り絵のよう。

DSC08181

DSC08183

このほかにも、普段出会えないような面白い装丁の本がたくさん展示されています。会場には椅子も並んでいるので、長時間没頭する人も少なくないとか。行けば必ず自分のお気に入りが見つかり、何かインスピレーションをもらうことができるはずです。会期は2月28日までなのでお早めに。

世界のブックデザイン2014-15
会期:2015年12月5日(土)~2016年2月28日(日)
会場:印刷博物館(東京都文京区水道1-3-3)
http://www.printing-museum.org/exhibition/pp/151205/index.html

RANKING 月間アクセスランキング

    LATEST REPORT 最新レポート

      SNS ソーシャルメディアサービス

      INTERVIEW インタビュー

        PAGE TOP