[JDN] クリエイティブを刺激するデザイン情報サイト

クリエイティブを刺激する
デザイン情報サイト[JDN]

JDN編集部が注目するデザインやイベントをレポート

YODEX (young designers' exhibition)/2014 第33回 新一代設計展

YODEX (young designers' exhibition)/2014 第33回 新一代設計展

毎年5月に台北市で開催されている、世界最大規模の卒業制作合同展示会

2014/06/18

レポーター:山崎 泰

1982年に始まり33回を数える、世界最大級の学生によるデザイン合同展示「新一代設計展」。Young Designers Exhibitionというサブタイトルを略した英語名はYODEX(ヨーデックス)。出展する学生にとってはプロとして扱われる人生で最初のプレゼンの場となり、毎年、学生の熱気と多くの来場者でお祭りのような状況になる。

樹徳科技大学、ファッションショー
樹徳科技大学、ファッションショー

主催は、台湾政府が設立した台湾デザインセンター。今年の出展者は、台湾の61の学校・131の学科、海外の11の学校。毎年5月に台湾・台北市で開催されており、今年の会期は5月16日から19日まで。会場は台北市の中心部、2004年に世界一の超高層建築となった「台北101」に隣接する世界貿易センター。4日間の会期で10万人を越える来場者を集めた。YODEXは、国際インダストリアルデザイン団体協議会により’世界最大の学生によるデザイン展示’と2007年に認められている。

YODEXに展示されるのは、デザイン系学生の卒業制作。台湾全土をあげての合同卒業制作展示とも言える。その開催時期が5月なので、日本の感覚では?となるが、世界的な新年度は9月始まりなので、丁度良い時期ということになる。

33回という積み重ねにより、YODEXの存在は世代を越えて台湾のデザイン業界に定着している。学生は学部の3年生になると「これから2年かけてYODEXに出すものを作る!」という気分になるのだそうだ。まさに学生生活の集大成、ハレの舞台と言える。他の学校の同じ分野の学生と、同じ会場で展示する訳なので、学校間での競争意識も生まれるだろうし、刺激も大きいだろう。

出展される分野は、プロダクト、家具、クラフト、アート、グラフィック、パッケージ、マルチメディア、スペース、ファッション、キャラクター、雑貨等、出展者の学部学科を反映し様々。ブースのデザインやプレゼンにも表彰があり、学校ごとに特色が出る。たとえば、プロダクト関連では、産学協同の成果発表や、すでにifやreddot等の著名賞を受賞しているものまである。読み解くのに集中を要する作り込まれた建築模型が並ぶ横で、通路で突然にファッションショーが始まる。学校の個性やジャンルがミックスされていて、独特の面白さがある。

国立台湾科学技術大学、Lin Yu-Hsuanの「Heads Up」
国立台湾科学技術大学、Lin Yu-Hsuanの「Heads Up」
実践大学、Kuan-Cheng CHenの「n3 Stool」、n字型のプライウッドを三つ組み合わせたスツール
実践大学、Kuan-Cheng CHenの「n3 Stool」、n字型のプライウッドを三つ組み合わせたスツール

台湾の面積は九州とほぼ同じ、人口は2300万人。そこにYODEXに参加する学校が61校ある。

OEM・ODMを中心とする作業構造からの脱却を目指し、デザインに力を入れている台湾。政府は「全民美学(すべての国民に美に関して学んでもらおう)」というスローガンを掲げ、クリエイティブに関わる様々な政策を進めている。また台北市は、2016年に「ワールドデザインキャピタル(WDC)」に選ばれており、年間を通してデザインを軸にした催しが行われる予定だ。

こうした政府や自治体による強い主導と共に、YODEXに象徴される各学校が輩出するクリエイティブの若者たちと、それを受け入れる産業界。もちろん、デザイン系の学校を卒業した全員がデザイナーなれる訳ではないことは、台湾においても同じだが、社会との連携という意味では日本よりはるかに強いものを感じる。また、デザインのイベントにこれだけの来場者がある、ということも日本では考えられないだろう。ミラノサローネのサテリテよりも、日本のどのデザインイベントよりも混雑していた。

大葉大学、黄家柔の「年歳的記憶」
大葉大学、黄家柔の「年歳的記憶」
中国科技大学、マルチメディア系の展示
中国科技大学、マルチメディア系の展示

先に近代化を果たし自国内市場で充足できた日本と、台湾、そして韓国との違いということなのかもしれないが、とにかくデザインに対する意気込みは並々ならぬものがある。多くの日本人にとって台湾はOEM・ODM先という認識があると思うが、それも近い将来変わってくるのではないか、と思わせる勢いを感じた。

新一代設計展 Young Designers’ Exhibition
http://www.yodex.com.tw/

YODEX (young designers' exhibition)/2014 第33回 新一代設計展 の写真をもっと見る

RANKING 月間アクセスランキング

    LATEST REPORT 最新レポート

      SNS ソーシャルメディアサービス

      INTERVIEW インタビュー

        PAGE TOP