ジャパンデザインネットのトップページ
海外リポート
アラビアンリゾート ドバイ通信
 ジャパンデザインネット
 海外リポート
 ドバイ通信
 


第3回
超豪華 世界一のホテル「Burj Al Arab(バージ・アル・アラブ)」に潜入!

 update 2006.08.23
ドバイ
リポート : 山下亜仁香 / デザインライター 




パリのエッフェル塔、マンハッタンのエンパイヤステートビルなど、観光のメッカに欠かせないのが、その地を象徴する“顔”や“シンボル”としての建設物です。豪華リゾート地として有名なドバイには一流ホテルは無数にありますが、その中でも最も有名で、世界的でも1,2位を争う著名ホテルがJumeriahホテルグループが経営する、このBurj Al Arab(バージ・アル・アラブ)です。ドバイの観光案内には必ずといっていいほどこのホテルの写真が入るなど、ドバイのイメージにしっかりと定着した豪華ホテル。全室スイートで、とてつもなくゴージャスという噂を聞いて、早速取材してきました。 【 写真 1 】

■ トップクラスの建築技術を集約
アラビアの船の帆が優雅に風を受ける様を表現した外観のバージ・アル・アラブ(アラビア語でアラビアの塔という意味)は、ドバイの中心からわずか南に20キロ離れたところに位置します。 設計はThomas Wills Wright、施工はWS Atkins Partners Overseasが行いました。 高さは312メートルとエッフェル塔より高く、世界一高いホテルとしても知られています。海岸から300メートルほど離れた人工島の上に、支柱を海中40メートルにまで打って建てられたこのホテル。複雑なデザインに加えて、外壁に世界初の試みとして垂直のテフロン板を使うなど、ハードルの高いプロジェクトゆえに、その建設には世界トップクラスの技術者が集められたそうです。 【 写真 2 】

土台の島作りに2年、建物に3年という時間をかけて完成したバージ・アル・アラブは外観、内装ともに世界にも類を見ないスタイルで、ある種の威厳を放つ美しいホテルです。昼、夜とライトを変化させることで違った姿を演出するなど、競争が激しいドバイの観光産業の中、常にトップのホテルであるため、絶え間ない努力も続けています。 【 写真 3 】

Exterior Burj Al Arab
【 3 】


次ページに続く





バージ・アル・アラブ 外観
【 1 】 バージ・アル・アラブ 外観

バージ・アル・アラブ 外観
【 2 】



  1  
  2  
  3  
  4  
 N E X T


JDNとは広告掲載について求人広告掲載お問合せ個人情報保護基本方針サイト利用規約サイトマップ
デザインのお仕事コンテスト情報 登竜門展覧会情報

Copyright(c)1997 JDN
このwebサイトの全ての内容について、一切の転載・改変を禁じます。