JDN caina.jp
JDNトップ > 海外レポート > ミラノ360° ─ “デザインの国”のデザイン事情 ─

ミラノ360°


第9回
MAXXI ローマのモダンミュージアム

 update 2010.12.15

リポート : 荒木宏枝 / プロダクトデザイナー 




■ MAXXI ローマのモダンミュージアム
 今年の6月に完成したローマのモダンミュージアム“MAXXI(マキシ)”。この美術館は、今を時めく人気建築家 Zaha Hadid(ザハ・ハディッド)による建築です。2004年に女性初となるプリツカー賞を受賞したZaha Hadidは、コンセプチュアルで独創的な建築を作ることで知られています。イタリアでは、こういった近代的建築スタイルのミュージアムは珍しく、オープン前から話題となっていました。また古代の遺跡に囲まれた街であるローマの美術館に、彼女の前衛的なデザインが採用された事も、時代の移り変わりを感じさせます。

■ MAXXI美術館の建築デザイン
 ダイナミックな造形のデザインで有名なZaha Hadid。ミュージアムの建物の外観・インテリアは勿論のこと、ライティングや階表示、手すりなどの細部にいたるまで、彼女のデザインセンスが如何なく発揮されています。サーキットの様な建物自体から生み出される流れと、直線と曲線の組み合わせから発生するリズム感の良さが相まって、大変見ごたえのあるデザインとなっています。特に、複数の階段が吹き抜けで交差するロビーの部分は、圧巻の一言。【 写真 4〜5 】入り口を入るとまず目に入る、Zaha Hadidらしい造形のレセプションカウンターも見所の一つです。【 写真 6 】


次ページに続く





ローマのモダンミュージアム
【 1 】

ローマのモダンミュージアム
【 2 】

MAXXI
MAXXI
MAXXI
【 3 】
【 4 】
【 5 】
MAXXI
MAXXI
MAXXI
【 6 】
【 7 】
【 8 】
MAXXI
MAXXI
MAXXI
【 9 】
【 0 】
【 11 】


  1  
  2  
  3  
 N E X T


JDNとは広告掲載について求人広告掲載お問合せ個人情報保護基本方針サイト利用規約サイトマップ
デザインのお仕事コンテスト情報 登竜門展覧会情報

Copyright(c)1997 JDN
このwebサイトの全ての内容について、一切の転載・改変を禁じます。