JDNトップへ
海外リポート
アルゼンチン 地球の反対側にあるデザイン
 ジャパンデザインネット
 海外リポート
 アルゼンチン デザイン
 

このコーナーの連載は、終了いたしました
“アルゼンチン 地球の反対側にあるデザイン”の連載は、2004年7月21日で終了いたしました。
引き続き、ジャパンデザインネットの海外リポートコーナーでお楽しみください。






「アルゼンチン 地球の反対側にあるデザイン」 のご案内

短期集中連載で、南米はアルゼンチンからリポートがスタート。サッカーとタンゴだけではない「もう一つのヨーロッパ」の素顔を鶴巻 崇、シセラ・コザクの両氏がリポートします。

主なアルゼンチン出身のデザイナー
  ベニート・キンケラ・マルティン(画家 1890〜1977)
アントニオ・ベルニ(画家 1905〜1981)
ラウル・ソルディ(画家 1905〜1994)
クロリンド・テスタ(建築家 1923〜)
ロナルド・シェークスピア(グラフィック・デザイナー 1941〜)



ライターから

“ Little Paris ”とは、アルゼンチンの首都ブエノスアイレスが持つニックネームです。この名が語る通り、アルゼンチンは「南米に作られたもう一つのヨーロッパ」と呼ぶことが出来るでしょう。
実際、人口の95%以上がスペイン、イタリア、ドイツ、フランス等々のヨーロッパ諸国からの移民の末裔であるアルゼンチン人は、ヨーロッパ人の容姿で、イタリア人似の気質を持ち、スペインを筆頭とする諸ヨーロッパが凝縮された文化の中で生活を営んでいます。
また、一方で19世紀初頭にスペインから独立を果たし、地理的にもヨーロッパから隔たりのあるこの国が、独自の文化を形成しつつ発展してきたことも事実です。
こうした背景を持つ「もう一つのヨーロッパ」アルゼンチンが、今日どのようなデザインをもたらすに至ったかを、日本人とアルゼンチン人の二人組が内外両方の視線を持ってリポートします。
今回、数カ月という短い滞在期間のため、リポートは4回程度で終了する予定ですが、日本から見れば地球の反対側に位置し、情報的にも遠方にあるこの国に、好奇の目を持ってリポートを一瞥でもして頂ければ幸いです。
〜 鶴巻 崇、シセラ・コザク





プロフィール

鶴巻 崇、シセラ・コザク 鶴巻 崇
つるまきたかし

東洋大学建築学科
内田祥士研究室卒業
西松建設建築設計部勤務
一級建築士取得
地下鉄大江戸線パブリックアートのデザインを手掛ける
http://www.japandesign.ne.jp/HTM
/JDNREPORT/stationdesign
/monzennakacho/

2004年4月より在ブエノスアイレス
2004年9月より渡英、ロンドン大学バートレット校修士課程入学予定

Gisela Kozak
シセラ・コザク

アルゼンチン、ブエノスアイレス生まれ
ブエノスアイレス大学建築・都市計画学部工業デザイン卒業
ブエノスアイレス大学大学院パッケージデザインコース修了
パッケージデザインの研究のため来日
千葉大学大学院自然科学研究科博士課程修了
グラフィックデザイン、ウェブデザイン等の実務を経て
タッシェンから出版の「Japanese Graphics Now!」編集を手掛ける
http://www.japandesign.ne.jp/HTM
/D-BOOK/W-BOOK/040210-1.html









B a c k   N u m b e r


第4回
04.07.21
ブエノスアイレスの人間、文化に関する雑考(ビーシャ・ビーシャ、結婚披露宴、カフェなど) ブエノスアイレスの人間、文化に関する雑考
(ビーシャ・ビーシャ、結婚披露宴、カフェなど)
clear.gif 第3回
04.06.16
ブエノスアイレスに見るコンバージョン建築の好例 ブエノスアイレスに見る
コンバージョン建築の好例
clear.gif
第2回
04.05.19
アルゼンチンの巨匠建築家 クロリンド・テスタを知っていますか? アルゼンチンの巨匠建築家
クロリンド・テスタを知っていますか?
clear.gif 第1回
04.04.21
ブエノスアイレスのデザインブーム ブエノスアイレスのデザインブーム







あなたも投稿記事を書いてみませんか?
デザインに関連するリポートを書いてみたい方、
こちらをご覧下さい。