ジャパンデザインネットのトップページ
海外リポート
from NY 海老原嘉子のニューヨークSoHo通信
 ジャパンデザインネット
 海外リポート
 fromNY 海老原嘉子
 

第53回(2003/10/8)
ロックフェラーセンターで村上隆の大インスタレーション


ロックフェラーセンターの展示会場風景


 
  高さ7メートルのとんがりくん

昨年のナム・ジュン・パイクやIBMでの森万里子展と同じPublic Art Fundのプロジェクトで、今回、村上隆「Reverse Double Helix」(二重螺旋逆転)という高さ7メートルの現代仏像風作品が、ロックフェラーセンターで9月9日から10月12日まで展示されています。Public Art FundとTishman Speyer Propertiesがオーガナイザーで、TARGETがスポンサーをしており、9月9日にはスケートリンク場を会場に盛大なオープニグ・パーティーが行われました。

最近のアートアニメのきっかけを作った村上隆は、プロデューサーもできるアーティストとしてアメリカで認められ、世界のトップアーティストになりつつあります。NY Timesが「アンディー・ウオーホールの次に出てきたポップカルチャー・アーティスト」とまで言っているほどです。
私には良くわからないのですが、最近のアートのおどろおどろしいものや、けばけばしく刺激的なだけでピンとこないものよりは、誰にでもわかりやすく、明るくて良いのではないでしょうか?
彼の歩みをふりかえると、1996年頃NYでローカル新聞の表紙を飾っていたり、アニメフィギュアーのアーティストの展覧会を企画したり、アニメオタク、Japanポップカルチャーを早くからアメリカに紹介していました。
2000年のパルコでのポップカルチャーショー(SUPERFLAT)の成功を、MOCAで2001年に発表したり、NYグランドセントラルでのWINKのショーが海外でのデビューで、それをきっかけに現在のように知れ渡った存在になったと思います。時代の読みとビジネスセンスに長けたアーティストではないでしょうか。
作品はこのところオークションに出品されているようで、Miss KO2(KOKOちゃん)はコレクターに莫大な金額でコレクトされています。

今回のような現代彫刻は六本木ヒルズにもあるそうで、ロックフェラーセンターではとんがりくんを中央に4体のカラフルな四天王像が囲み、周囲にはキノコ型のベンチが配されています。そして、このベンチにもスマイル・マークを思わせるようなカラフルな顔、顔、顔。さらに、周囲のビルから張り巡らせたコードでとめた、超巨大な目玉のバルーンが2個空に浮かんでいます。
目下、NYを訪れる観光客の格好の撮影場になっていて、毎日人だかりがしており、近辺のビジネスマンも思わず足を止め見上げています。


 

 

 
 
 

 

 

 

 

※表示あるものを除き、写真は全て海老原嘉子撮影
 
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6    n_e_x_t → 
 
 from NY インデックス・海老原氏プロフィール →


JDNとは広告掲載について求人広告掲載お問合せ個人情報保護基本方針サイト利用規約サイトマップ
デザインのお仕事コンテスト情報 登竜門展覧会情報

Copyright(c)1997 JDN
このwebサイトの全ての内容について、一切の転載・改変を禁じます。